Rakuten infoseek

辞書

【セキ】

デジタル大辞泉

せき【席】
[名]
座る場所。また、きめられた座り場所。「に着く」「をきめる」
地位。身分。「重役のをねらう」
集まりなどの行われる場所。「酒の」「話し合いのを設ける」
寄席(よせ)。席亭。
「主に講釈ばかり掛かる広小路の―へは」〈鴎外
草や竹を編んでつくる敷物。むしろ。ござ。
「ささへに―を付けて」〈浮・近代艶隠者〉
[接尾]助数詞。順位を表すのに用いる。「第一

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せき【席】[漢字項目]
[音]セキ(漢) [訓]むしろ
学習漢字]4年
むしろなどの敷物。「席巻(せっけん)枕席
すわる場所。「議席客席空席座席上席着席末席隣席
会合などの場。会場。「席上宴席会席酒席出席即席茶席同席陪席臨席列席
地位。序列。順位。「席次次席主席首席
寄席(よせ)。「席亭昼席(ひるせき)
[名のり]すけ・のぶ・やす・より
[難読]寄席(よせ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せき【席】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せき【席】
[1] ( 名 )
座る場所。座席。 「 -に着く」 「 -をとる」
会場。会などを行う場所。 「歓迎の-を設ける」 「会議の-で報告する」
寄席よせ。 「昼-」
敷き物。ござ。 「 -ヲシク/ヘボン」
( 接尾 )
助数詞。順位を表すのに用いる。 「第一-入選」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せき【席】
[1] 〘名〙
① 草や竹などで編んだ敷物。むしろ。ござ。
※史記抄(1477)三「布茲とは、茲は席ぞ。あらこもをしくと云ふやうな心ぞ」
※浮世草子・近代艷隠者(1686)三「ささへに席(セキ)を付て、男女老少あらそひこぞり、桜が下に座の儲(もふけ)して遊ぶに」 〔詩経‐大雅・行葦〕
② すわる場所。きめられてすわるところ。座席。
※名語記(1275)六「船の内に所のあるをせきとなづく」 〔礼記‐内則〕
③ 会や式などの行なわれる場所。会場。座敷。
※江談抄(1111頃)四「亭子院詩席。江納言必為講師
※太平記(14C後)一「会合の日毎に、席(セキ)に臨で玄を談じ理を折」
④ 寄席(よせ)。講釈場。
※人情本・春色籬の梅(1838‐40頃)六「其翌日は鳥雅一人軍談の席(セキ)へ行とて」
⑤ 遊女・芸者をかかえている家。
⑥ 余地。余裕。すき。
洒落本・蛇蛻青大通(1782)「又席(セキ)狭き遍鋌(へんてこ)が傾城に誠なしと」
※土(1910)〈長塚節〉一九「俺ら何も不服いふ席はねえな」
[2] 〘接尾〙
① 回数を表わすのに用いる。
※歌舞伎・因幡小僧雨夜噺(1887)二幕「囲碁の集会ありしゆゑ、われも招かれ一二席(セキ)手合せいたして」
② 順位を表わすのに用いる。
※洒落本・北廓鶏卵方(1794)目録「第一席、ぬれてあふ夜の新枕」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

席の関連情報

他サービスで検索

「席」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.