Rakuten infoseek

辞書

帝釈天【たいしゃくてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

帝釈天
たいしゃくてん
Śakra Devānam indra
釈迦提桓因陀羅と音写する。ヒンドゥー教の神インドラ仏教に取入れられたもので仏教の守護神十二天の一つで梵天と対にして造像される。東大寺唐招提寺などに彫像がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たいしゃく‐てん【帝釈天】
《〈梵〉Śakra-devānam-Indraの訳》梵天(ぼんてん)と並び称される仏法守護の主神。十二天の一つで、東方を守る。忉利天(とうりてん)の主で、須弥山(しゅみせん)上の喜見城に住むとされる。ヒンズー教インドラ神が仏教に取り入れられたものという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

帝釈天 たいしゃくてん
仏教の守護神。
もとはインド神話のインドラ。仏教では梵天(ぼんてん)と対になって釈迦に随侍し,須弥壇(しゅみだん)に安置される。密教では十二天のひとつとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たいしゃくてん【帝釈天】
古代インド神話における代表的な神であるインドラが仏教にとり入れられたもの。サンスクリットでŚakra‐Devānam Indraといい,釈迦提婆因陀羅,釈迦提婆,釈迦因陀羅,釈提桓因などと表し,諸天中の天帝という意味で天帝釈天主帝釈,天帝などという。釈迦が釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタとして生まれる以前の数多くの一生においても,たびたびその修行を守り,釈迦が仏陀となって後は説法の場に登場するなど釈迦との関係が深く,梵天とともに仏法守護の善神とされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たいしゃくてん【帝釈天】
Śakro devānām indrah〕 梵天とともに仏法の守護神。十二天の一で東方を守る。須弥山しゆみせん頂の忉利天とうりてんの主で喜見城に住む。ベーダ神話のインドラ神が仏教に取り入れられたもの。天帝釈。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

帝釈天
たいしゃくてん
梵天(ぼんてん)と並び称される仏法の守護神の一つ。もとはバラモン教の神で、インド最古の聖典『リグ・ベーダ』のなかでは、雷霆神(らいていしん)であり武神である。ベーダ神話に著名なインドラIndraが原名で、阿修羅(あしゅら)との戦いに勇名を馳(は)せる。仏教においては須弥山(しゅみせん)の頂上にある利天(とうりてん)の善見城(ぜんけんじょう)に住して、四天王を統率し、人間界をも監視する。初期の仏典にその名がみられ、ことに『大乗涅槃経(だいじょうねはんぎょう)』「聖行品(しょうぎょうぼん)」にある雪山童子(せっさんどうじ)の説話は有名で、帝釈天が羅刹(らせつ)(鬼)に身を変じて童子の修行を試し励ます役割を演じている。密教では護世八方天(ごせはっぽうてん)および十二天の一として東方を守る。彫刻では京都東寺(教王護国寺)講堂の白象に乗る半跏像(はんかぞう)、奈良唐招提寺(とうしょうだいじ)金堂の立像が著名。なお、東京都葛飾(かつしか)区の柴又(しばまた)帝釈天は、庶民信仰の寺として有名である。[望月良晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たいしゃく‐てん【帝釈天】
(Śakra-devānām-indra 釈迦提桓因陀羅の訳語) 仏語。もとインドの古聖典「リグ‐ベーダ」に現われるインドラ神(雷神)。仏教に入り、梵天とならび称される仏教の守護神。十二天の一つで、また八方天の一つとして東方を守る。天上界の王。天衆をひきいて阿修羅(あしゅら)を征服し、常に使臣をつかわして天下の様子を知らしめ、万民の善行を喜び、悪行をこらしめ、大きな威徳を有する王で、須彌山(しゅみせん)の頂上の忉利天(とうりてん)の中央にある喜見城に住む。像形は一定でないが、古くは高髻で、唐時代の貴顕の服飾を着け、また外衣の下に鎧を着けるものもあるが、平安初期以降は密教とともに天冠をいただき、金剛杵(こんごうしょ)を持ち、象に乗る姿が普及した。帝釈。帝釈天王。天帝釈。釈提桓因ともいう。
※撮壌集(1454)「帝釈天」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帝釈天」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帝釈天の関連情報

他サービスで検索

「帝釈天」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.