Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【チツ】

デジタル大辞泉

ちつ【×帙】
[名]書物の損傷を防ぐために包む覆い。厚紙を芯(しん)とし、表に布をはって作る。文巻(ふまき)。文包(ふみづつみ)。
[接尾]助数詞。帙入りの本を数えるのに用いる。「和本三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちつ【帙】[漢字項目]
[音]チツ(漢)
本を包むおおい。「書帙巻帙

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちつ【帙 zhì】
中国で用いられた書籍整理の用具。袠,袟などとも書く。後漢許慎の《説文解字》には〈書衣なり〉と説明するのを,清の段玉裁は〈用いて書を裹(つつ)む者を謂う〉と敷衍し,また顧野王の《玉篇》には〈小囊なり〉という。おそらく袋状のものであったと思われる。本の形が今のいわゆる和とじの体裁に固定するようになって以後,まもなく,厚紙に布を貼ったものを5枚に折り,重ねた書物の上下左右の4面を保護した形となり,特に上部は厚紙2枚が重なる今の体裁になったと思われる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ちつ

書物を保護するために包む覆い。書帙(しょちつ)、書套(しょとう)ともいう。『源氏物語』などには「帙簀(ちす)」(または「ぢす」)とある。巻子本(かんすぼん)を巻き包むためにつくられたのが初めで、中国では、古くは絹や麻布で帙をつくった(『後漢書(ごかんじょ)』など)。わが国の奈良・平安時代の帙は、細い竹を芯(しん)にして、絹糸で模様を編み出し、錦(にしき)で四周を縁どり、裏には白絹や緋綾(ひあや)を張るなど華麗である。正倉院には「最勝王経帙(さいしょうおうきょうのちつ)」など、天平(てんぴょう)時代のものが伝存している。巻子本から発展して冊子本(さっしぼん)が現れてからは、帙の形は厚紙を芯として、布張りした折り畳み式になったが、このほか、書物よりやや大きい板二枚の間に書物を挟み、紐(ひも)で結ぶ板帙(いたちつ)(または「夾板(きょうばん)」)もある。

[金子和正]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちつ【帙】
[1] 〘名〙 書物の損傷を防ぐためにおおい包むもの。紙、布、竹、板などを材料とするが、普通は厚紙に布をはって作る。奈良時代には、細い竹で簀(す)のように編み、裏に絹・錦などをはり、紐をつけて、巻子本(かんすぼん)を巻き包む竹帙が多い。畳紙(たとうがみ)も一種の帙。書帙。ふまき。また、書物。
※大和法隆寺文書‐天平宝字五年(761)一〇月一日・法隆寺縁起并資財帳「帙五枚秘錦領」
※食後の唄(1919)〈木下杢太郎〉自序「縫箔もよごれたる帙の中から古い板本を取り出して」 〔梁元帝‐答劉縮求述制旨義書〕
[2] 〘接尾〙 書物を(一)に入れ、それを単位として数えるのに用いる。
※菅家文草(900頃)四・客舎書籍「来時事事任軽疎、不身十帙余」 〔白居易‐偶吟詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.