Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

希ガス【きガス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

希ガス
きガス
rare gases; noble gases
不活性ガス貴ガスともいう。周期表 18族に属するヘリウムネオンアルゴンクリプトンキセノンラドンの6元素総称。ヘリウムは2個,そのほかは8個の価電子をもつ安定な電子配置のため,化学的には非常に不活性で,化合物をつくりにくいが,励起状態では酸化物,フッ化物や塩化物などの化合物をつくるものがある。単体単原子気体で,分子間力が小さいため,いずれも沸点が低く,特にヘリウムは-269℃という最低の沸点をもつ。空気中には微量 (約 0.94容量%) 含まれるが,大部分はアルゴンである。ラドンは天然放射性系列に属する元素として,またヘリウムはα壊変の際の生成物として,ともに放射性鉱物鉱泉などに含まれることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

希ガス
「気がする」の意味。「希ガスる」の誤変換の面白さから電子掲示板上などで広まり、「る」がとれて定着した。本来は化学用語であり、ヘリウム、ネオンなどの気体(ガス)、第18族元素のこと。
(川口正貴 ライター / 2009年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

栄養・生化学辞典

希ガス
 18族(旧VIII族,0族)の元素,すなわちヘリウム,ネオン,クリプトン,キセノン,ラドンの総称.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きガス【希ガス rare gas】
周期表周期表第0族に属するヘリウムHe,ネオンNe,アルゴンAr,クリプトンKr,キセノンXe,ラドンRnの6元素の総称。すべて空気中には微量にしか含まれていず(約0.94体積%,大部分はアルゴン),地球上の存在量がわずかであることから希産のガスという意味でこのようによばれる。またヘリウムはα崩壊の生成物として,ラドンは放射性系列に属する放射性元素として,ともに放射性鉱物,鉱泉などの中に含まれる。ヘリウムはアメリカの天然炭化水素ガス中に多く含まれ,7~8%に達することもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

希ガス
キガス
rare gas, noble gas

周期表18族に属するヘリウムHe,ネオンNe,アルゴンAr,クリプトンKr,キセノンXe,ラドンRnの6元素をいう.2006年に3原子の合成が報告された118番元素は希ガスの一員(エカラドン)とされる.空気中に約0.94体積% 含まれ,ほとんどがアルゴンである.ヘリウムとアルゴン以外は存在量が少ない.反応性に乏しいと思われていたため,不活性気体(inert gas)または貴ガス(noble gas)ともよばれる.ヘリウムはアメリカのカンサス,オクラホマ,テキサス州などの天然ガス中に比較的高濃度で含まれている(最高8.9 体積%,通常0.5~2体積%).太陽その他の恒星中で水素についで多く,全宇宙質量の約24% がヘリウムである(水素74%).ラドンは放射性で,ラジウムのα崩壊によって生成するので,ラジウムを含む鉱物中に見いだされる.α粒子は 4He2+ であるから同時にヘリウムも存在する.希ガス元素は常温で無色,無味,無臭の気体.単原子分子で融点,沸点は低い.これらの性質はすべて,その電子配置がns2np6のいわゆる希ガス構造をとっていることによる.希ガスの液体・固体中での凝集はファンデルワールス力によっており,原子内電子数が多くなるほど強いので,原子番号とともに融点,沸点が高くなる.イオン化エネルギーは,原子番号とともに半径が大きく,すなわち核と最外核電子の距離が遠くなり,内殻電子によるしゃへいも効いて,逆に低くなる.軽い希ガス元素は化学的に不活性であるが,クリプトン以下,とくにキセノンからは,フッ素,酸素などと比較的容易に反応する.重い希ガス元素が反応性をもつことは,イオン化エネルギーの低下が最外殻を開きやすくすることと結びつけられる.希ガス化合物としては励起原子,あるいはイオンのつくる短寿命の He2*,He2 など,低温高圧下でつくられる包接化合物,通常の意味の化合物としてクリプトン以下のフッ化物,酸化物,酸化フッ化物などがある.一般に希ガスは拡散力が大きく,ヘリウムはガラスをも透過するので特殊ガラス,またはステンレススチール容器を用いる.希ガスはすべてゴム,プラスチック中を拡散する.分析は質量分析,分光分析,ガスクロマトグラフィーによる.用途は,超伝導核磁気共鳴装置用,そのほかの冷媒(ヘリウム),溶接または高純度金属や半導体,薄型パネル製造の際の不活性雰囲気(ヘリウム,アルゴン),各種電球の充填ガス(アルゴン,クリプトン,キセノン),気体レーザー用ガス(ヘリウム,ネオン,アルゴン,クリプトン),プラズマディスプレイ用放電ガス(ネオン,キセノン,ヘリウム)などである.高エネルギー物理学用検出装置の媒質にも液化アルゴン,キセノンが使われる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

き‐ガス【希ガス/×稀ガス】
希ガス元素」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

希ガス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

希ガスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.