Rakuten infoseek

辞書

帆立貝【ホタテガイ】

デジタル大辞泉

ほたて‐がい〔‐がひ〕【帆立貝】
イタヤガイ科の二枚貝。浅海に多く、殻長約20センチ。貝殻は円形に近い扇形で、殻頂は耳状に広がる。殻表に放射肋(ほうしゃろく)があり、左殻はやや平らで赤褐色、右殻はやや膨らみ白色。殻を帆のように立てて進むといわれるが、実際は殻を激しく開閉し水を噴射させて移動する。東北・北海道に分布。食用。特に大きな貝柱は珍重され、養殖もされる。うみおうぎ。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

帆立貝 (ホタテガイ)
学名:Patinopecten yessoensis
動物。イタヤガイ科の二枚貝

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほたて‐がい ‥がひ【帆立貝】
〘名〙
① イタヤガイ科の二枚貝。房総半島以北、主として千島・北海道・東北地方の潮下帯の砂礫底に分布する。大形で、殻長約二〇センチメートルになる。殻はほぼ開扇状で、左殻は紫褐色で平たく、右殻は黄白色でふくれる。内面は左右とも白色。殻頂に耳状突起があり、殻の表面には浅い放射肋(ろく)が走る。右殻を船に左殻を帆として、海上を走るという俗説からこの名がある。実際には両殻を強く開閉し、その反動で移動する。肉は食用となり、特に貝柱は大きくて美味なので多く利用される。海扇。あきたがい。《季・夏》 〔易林本節用集(1597)〕
② 「いたやがい(板屋貝)」の異名。《季・春》 〔本朝食鑑(1697)〕
[補注]「大和本草‐一四」に「海扇(ほたてがひ)海中をおよぐ時、其ふたを立てゆく。舟の帆の如し。故にほたて貝と云」とあるが、これはイタヤガイをさすようである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

帆立貝」の用語解説はコトバンクが提供しています。

帆立貝の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.