Rakuten infoseek

辞書

布野【ふの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

布野
ふの
広島県北部,三次市北部にある地区。旧村名。 1889年村制。 2004年三次市,甲奴吉舎三良坂三和の4町,および君田作木の2村と合併し市制域内大部分中国山地に属する。農林業が主で米と木材,コルク材を産し,和牛飼育も行なわれる。南東端を神野瀬 (かんのせ) 川が流れ,その支流の布野川沿いに集落が分布。国道 54号線が南北に通じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

布野
ふの
広島県中北部、双三郡(ふたみぐん)にあった旧村名(布野村(そん))。現在は三次市(みよしし)布野町地区。2004年(平成16)、三次市および甲奴(こうぬ)郡の甲奴(こうぬ)町、双三郡の吉舎(きさ)町、三良坂(みらさか)町、三和(みわ)町、君田(きみた)村、作木(さくぎ)村と合併して三次市となる(なお、この合併で双三郡は消滅)。旧布野村は三次市街地の北に位置し、北は島根県と接する。江の川(ごうのかわ)の支流布野川が南流し、それに沿って国道54号が走り、赤名トンネルを越えて島根県へ通じている。中心の上(かみ)布野は古くから出雲(いずも)街道に沿う宿駅として栄えた。中国山地にあって高冷地のため水田単作地帯が多く、酪農、牧牛も行われ、林業も盛ん。しかし、兼業化率は90%を超えている。上布野の松雲寺の石造五輪塔、知波夜比売(ちはやひめ)神社の銅製鰐口(わにぐち)は県指定重要文化財。村内には100余の古墳がある。[北川建次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

布野の関連情報

他サービスで検索

「布野」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.