Rakuten infoseek

辞書

布子【ヌノコ】

デジタル大辞泉

ぬの‐こ【布子】
木綿の綿入れ。古くは麻袷(あわせ)や綿入れをいった。 冬》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぬのこ【布子】
いわゆる綿入れのこと。昔,庶民が胴着にして着物の下に着たり,あるいは上着に用いた粗末な防寒衣ないしは保温衣で,とくに綿の厚く入ったものをいう。布子の〈布〉とは,もともと絹以外の植物性繊維の織物のことを指していたから,木綿の伝来する前は麻が主として用いられた。古くは小袖といえば,かならず綿のはいった袷(あわせ)仕立ての着物のことであったから,小袖の場合はとくに綿入れとはいわない。布子は江戸時代にはもっぱら木綿で作り,これに綿を厚く入れて上から綿の動かぬように刺してとじつけたものもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぬのこ【布子】
木綿の綿入れ。 [季] 冬。 → 小袖こそで

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬの‐こ【布子】
〘名〙 木綿の綿入れ。古くは麻布の袷(あわせ)や綿入れをいった。《季・冬》
※法隆寺記録‐応安六年(1373)綱封蔵沙汰人収納算用状「四斗 質あさかきのぬのこ一」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

のの‐こ【布子】
〘名〙 「ぬのこ(布子)」の変化した語。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)二「此布子(ノノコ)どふなさる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

布子の関連情報

他サービスで検索

「布子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.