Rakuten infoseek

辞書

市民宗教【しみんしゅうきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

市民宗教
しみんしゅうきょう
civil religion
J.-J.ルソーが『社会契約論』のなかで提起した概念。市民宗教は国家と法に対する畏敬を喚起するためにキリスト教に代る新しい国民統合のシンボルとして活用される。フランス革命の時代,M.ロベスピエールはその恐怖政治のなかでこれを英雄崇拝の方法として利用した経緯がある。現代では R.N.ベラが国民文化の道徳的凝集力の意味で,つまり集合的アイデンティティを構成する政治的・宗教的な儀礼やシンボルの総称として市民宗教の概念を再構築している。この概念は共同体主義の政治哲学系譜に強い影響を及ぼしている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市民宗教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

市民宗教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.