Rakuten infoseek

辞書

市川雷蔵【いちかわらいぞう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

市川雷蔵
いちかわらいぞう
[生]1931.8.29. 京都
[没]1969.7.17. 東京
映画俳優。本名太田吉哉。歌舞伎の名優市川寿海の養子。 1954年大映に入社,『花の白虎隊』でデビュー。気品ある容貌と舞台で鍛えた演技力で人気があった。『新平家物語』 (1955) ,『炎上』 (58) ,『ぼんち』 (60) ,『破戒』 (62) ほか『眠狂四郎』『忍びの者』『若親分』『陸軍中野学校』などのヒット・シリーズに出演。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちかわ‐らいぞう〔いちかはライザウ〕【市川雷蔵】
[1931~1969]俳優。8世。京都の生まれ。本名、亀崎章雄(かめざきあきお)。のちに竹内嘉男(よしお)、太田吉哉と改名。歌舞伎界から映画界へ転身。「新・平家物語」に主演して注目を集めると、「炎上」で多くの映画賞を受賞し地位を確立。その後も「眠狂四郎(ねむりきょうしろう)」シリーズなどで人気を博した。他の出演作に「ぼんち」「陸軍中野学校」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちかわらいぞう【市川雷蔵】
1931‐69(昭和6‐44)
映画俳優。1950年代後半から60年代にかけて,おもに時代劇で活躍し,37歳で病没した夭逝(ようせい)の美男スター。その活躍期間は日本の映画産業の隆盛期から衰退期に当たる。俳優として大成したのちのではあったが,気品と悲劇性に満ちた美男ぶりは愛惜され続けた。いわば映画そのものが早すぎる死を予感していたかのように,中期以降の作品にはつねに死のが漂っていた。とくに《眠狂四郎》シリーズ(1963‐69)では,端正な容姿が主人公の出生の秘密による虚無感と孤独感で影を帯び,あやしい美しさの魅惑を放ったが,そこには市川雷蔵自身の出生の複雑さと生い立ちの転変が影を落としているのかもしれない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

市川雷蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

市川雷蔵の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広五所平之助ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

「市川雷蔵」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.