Rakuten infoseek

辞書

市川左団次【イチカワサダンジ】

デジタル大辞泉

いちかわ‐さだんじ〔いちかは‐〕【市川左団次】
歌舞伎俳優。屋号高島屋
(初世)[1842~1904]大阪の生まれ。9世市川団十郎・5世尾上菊五郎とともに明治の三名優と称された。のち明治座座主
(2世)[1880~1940]初世の子。東京の生まれ。小山内薫自由劇場を創立。新歌舞伎創始

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

市川左団次 いちかわ-さだんじ
?-? 江戸時代中期の歌舞伎役者。
享保(きょうほう)11年(1726)以後に名をあらわし,江戸で若女方として出演。寛保(かんぽう)2年2代市川海老蔵(えびぞう)の門にはいり,市川左団次を名のった。初名は袖岡太郎。前名は袖崎菊太郎。俳名は春耕。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

いちかわさだんじ【市川左団次】
歌舞伎俳優。4世まである。屋号は高島屋。(1)初世(1842‐1904∥天保13‐明治37) 本名高橋栄三。俳名は莚升,松蔦。大坂生れ。床山中村清吉の次男,幼名辰蔵。子供芝居で初舞台,13歳で4世市川小団次の門に入り小米(こよね),升若を経て,1864年(元治1)小団次の養子となって左団次を名のり江戸の各座に出勤。66年(慶応2)養父没後一時廃業していたが,作者河竹黙阿弥後援で復帰,70年(明治3)黙阿弥の書きおろし《慶安太平記》の丸橋忠弥好演で人気役者の仲間入りをし,93年明治座を新築,座元・座頭として活躍,9世市川団十郎,5世尾上菊五郎ら名優と〈団菊左〉と並び称された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちかわさだんじ【市川左団次】
歌舞伎俳優。屋号高島屋。
(初世)1842~1904 四世市川小団次の養子。大坂の生まれ。九世市川団十郎・五世尾上菊五郎とともに「団・菊・左」と称せられた名優。明治座を創設し、ここを中心に活躍した。
(二世)1880~1940 初世の長男。1909年(明治42)小山内薫と自由劇場を創設し新劇の先駆をなし、また岡本綺堂と提携し新歌舞伎をひらいた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

市川左団次
いちかわさだんじ
歌舞伎(かぶき)俳優。屋号高島屋。現在4世まである。

初世

(1842―1904)本名高橋栄三。大坂生まれ。江戸へ出て幕末の名優4世市川小団次(こだんじ)に入門。のち師の養子となり1864年(元治1)左団次を名のる。養父の没後その提携者であった河竹黙阿弥(もくあみ)、12世守田勘弥(かんや)、養母の庇護(ひご)を得て発奮し、黙阿弥作『慶安太平記(けいあんたいへいき)』の丸橋忠弥で認められた。のちに明治の名優9世市川団十郎、尾上(おのえ)菊五郎とともに「団・菊・左」と称せられた。1893年(明治26)明治座を建てて座主となった。[古井戸秀夫]

2世

(1880―1940)本名高橋栄次郎。初世の長男。1906年(明治39)襲名。同年末から翌年8月にかけて歌舞伎俳優として初めて欧米に渡り、帰国後小山内薫(おさないかおる)とともに自由劇場を結成。文芸協会の『人形の家』よりも2年早い1909年11月、イプセンの『ジョン・ガブリエル・ボルクマン』を第1回に、西欧の戯曲を試演し近代劇運動の旗手となる。歌舞伎でも岡本綺堂(きどう)や真山青果(まやませいか)と組んで多くの作品を上演し、新歌舞伎というジャンルを定着させた。その一方で、歌舞伎十八番の『毛抜(けぬき)』『鳴神(なるかみ)』や、4世鶴屋南北(なんぼく)の生世話物(きぜわもの)など演出の伝承がとだえていた古劇の復活にも尽力した。1928年(昭和3)ソ連を訪問し、歌舞伎の第1回海外公演を行った。[古井戸秀夫]

3世

(1898―1969)本名荒川清。6世市川門之助の子。6代目菊五郎の一座にあって、4世市川男女蔵(おめぞう)の名で二枚目の立役(たちやく)および女方(おんながた)を勤め、菊五郎没後は菊五郎劇団の長老として二枚目役にも老役(ふけやく)にも洗練された演技をみせた。1952年(昭和27)3世を襲名、1962年芸術院会員、1964年に重要無形文化財保持者となる。[古井戸秀夫]

4世

(1940― )本名荒川欣也。3世の子。菊五郎劇団の立役。敵役(かたきやく)としても活躍。[古井戸秀夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちかわ‐さだんじ【市川左団次】
歌舞伎俳優。屋号高島屋。
[一] 初世。俳名莚升(えんしょう)、松蔦(しょうちょう)。四世市川小団次の養子。大阪の人。明治時代の代表的名優で、団十郎、菊五郎とともに「団菊左」と呼ばれた。明治座を創設。当たり役は「慶安太平記」の丸橋忠彌など。天保一三~明治三七年(一八四二‐一九〇四
[二] 二世。初世の長男。本名栄次郎。俳名杏花。小山内薫と提携して自由劇場を結成し、岡本綺堂と結んで新歌舞伎を樹立するなど、演劇革新運動に貢献した。明治一三~昭和一五年(一八八〇‐一九四〇
[三] 三世。六世市川門之助の子。昭和二七年(一九五二)三世を襲名。芸域が広く、戦後の歌舞伎界において、後進の指導に尽くした。明治三一~昭和四四年(一八九八‐一九六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

市川左団次
いちかわさだんじ
歌舞伎俳優。屋号は高島屋
初代(1842〜1904)〕 立役を得意とし,市川団十郎(9代目)・尾上菊五郎(5代目)と団菊左時代現出。明治座を創設,経営した。〔2代目(1880〜1940)〕 初代の実子。小山内薫らと自由劇場を始め,新劇運動を推進。のち新劇を離れ歌舞伎に専念した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市川左団次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

市川左団次の関連情報

関連キーワード

ゴーゴリポー(Edgar Allan Poe)ワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)アヘン戦争ブルノンビルメンデルスゾーンアーサーアンダーソンウォートルスエンソル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.