Rakuten infoseek

辞書

市女笠【いちめがさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

市女笠
いちめがさ
平安時代以降の代表的な女性用かぶり。雨の日や旅行には貴人もこれを用いた。初期のものは傾斜が急で深く,頂に巾子 (こじ) と呼ぶ突出部があるのが特徴であるが,後代になると次第に浅くなる一方,ふくらんだ形に変ってくる。もともとスゲ () の縫い笠と推定されるが,のちには黒漆塗り笠が普通になった。旅行に際しては,笠の虫の垂衣 (たれぎぬ) と呼ぶカラムシ (苧麻) の薄い垂れ布を下げることもあり,衣服をつぼめって市女笠をかぶった姿は壺装束 (つぼしょうぞく) として知られている。市女笠の語は,初め市に出る物売りの女性がかぶったところからきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いちめ‐がさ【市女×笠】
かぶり笠の一。菅(すげ)などで編み、中央に高く巾子形(こじがた)という突起を作った笠。市女が使用したのでこの名を生じたが、平安中期ごろには上流の女性の外出用となり、男子雨天のときなどに用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いちめがさ【市女笠】
頂部に高い巾子(こじ)を造作した一種の笠。平安時代に行われたものは周縁部が大きく深く,肩,をおおうほどであったが,鎌倉時代以後には,小さく浅くなり,巾子の部分も安土桃山時代には先端をとがらせて装飾をほどこすようになった。もともとこの笠はスゲ(菅)製であったが,江戸時代には竹,ヒノキの剝片を組んでを張り,これに黒漆を塗った塗笠に変わり,やがてまったく衰滅してしまった。その名の示すように,もとは市女のかぶった笠であったが,平安時代中期以後には上流婦人の外出に着装され,また雨天の行幸供奉(ぎようこうぐぶ)には公卿も着用するようになり,その名も局笠(つぼねがさ),窄笠(つぼみがさ)などと呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いちめがさ【市女笠】
頂に高い巾子こじのある菅すげの笠。本来、市女が用いた笠であったが、平安中期以降上流の女性の外出用となり、雨天には公卿も用いた。江戸時代には檜ひのきの折ぎ板などを組んで紙を貼り、黒漆を塗るようになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

市女笠
いちめがさ
縫い笠の一種。縁(ふち)の張った形に縫い、頂部に巾子(こじ)という高い突起をつくった菅笠(すげがさ)。初め市に物売りに出る女がかぶったところからこの名がある。しかし、平安時代も中期以後には上流婦人の外出に着装されるようになり、旅装としての壺装束(つぼしょうぞく)を構成するようになった。また、雨天の行幸供奉(ぐぶ)には公卿(くぎょう)にも着用されるようになり、局笠(つぼねがさ)、窄笠(つぼみがさ)などともよばれた。当時のものは周縁部が大きく深いので肩や背を覆うほどであったが、鎌倉時代以後のものはそれが小さく浅くなり、安土(あづち)桃山時代では、その先端をとがらせ装飾を施すようになり、江戸時代になると黒漆の塗り笠になって、やがて廃れていった。[宮本瑞夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いちめ‐がさ【市女笠】
〘名〙 (もと市女が多く用いたところからの名という) かぶり笠の一種。菅(すげ)やうすい檜(ひのき)の剥板(へぎいた)などで、中央が突起して縁の張った形に編み、黒漆を塗ったもの。平安中期以後、主として上流社会で男女共に用いられた。
※西宮記(969頃)一七「菅簦 行幸時、王卿已下 雨具用市女笠」
[語誌]平安時代以降、貴族が外出時顔を隠すために用いた。被衣(かずき)の上からかぶることが多かったが、形も時代とともに少しずつ変わり、傾斜が次第に浅くなったので、婦人は枲垂衣(むしのたれぎぬ)を垂らして顔を隠した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

市女笠
いちめがさ
平安時代以降,女性が用いた笠の一種
もと市女(市に物売りに出る女)が用いたが,のち上流女性の外出用笠となる。菅・麦藁でつくり漆 (うるし) を塗ったもの。江戸時代には黒塗。絵巻物には被衣の上からかぶった旅姿もみえる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市女笠」の用語解説はコトバンクが提供しています。

市女笠の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.