Rakuten infoseek

辞書

巻網【まきあみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巻網
まきあみ
round haul net
魚群を急速に包み込んで捕獲する。1枚の長方形の網で,長さ 1000m,深さ 150m以上のものがある。1隻または2隻の魚群を追込み,動力などで網を巻上げる。網の構造は単に長方形のものと,袋網両端翼網をつけたものとがあり,巾着網揚繰網後者に属する。いわしあじさばなど,もっぱら群集性に富んだに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まき‐あみ【巻(き)網/旋網】
魚群を網で取り巻き、その囲みを狭め網裾を締めて捕る漁法。また、その網。巾着網など。操作する船の数により、二艘巻(にそうま)き・一艘巻きがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まきあみ【巻網】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

巻網
まきあみ
運用網漁具。漁具をさす場合の名称表記としては「旋(まき)網」とするのが正しいが、一般には「巻網」の表記が通行している。巻網漁業は、使用する船舶の大きさ等により(1)大・中型巻網漁業(総トン数40トン以上)、(2)中・小型巻網漁業(総トン数40トン未満)に分類される。巻網は魚群を取り巻くように投網(とうもう)し、順次その囲みを縮小していき、魚捕部(無袋(むたい)類)または小さい袋網(有袋類)に追い入れてとる網の総称。網の形状は、一般に長方形のものが多いが、網の中央に浅い袋網を有するものもある。前者を無袋類と呼称し、巾着(きんちゃく)網、揚繰(あぐり)網など漁具の規模が大きい。後者の有袋類にはタイ縛(しば)り網、縫切(ぬいき)り網、シイラ巻網など小型巻網が多い。巻網は網裾(あみすそ)を迅速に沈降させるために沈子方(ちんしかた)に多量の沈子が配置されている。無袋類は浮子方(あばかた)の浮力も沈降力の3、4倍用意されていて、沈子方に多数の環がついており、その環に通してある環綱(かんづな)を締め上げて、魚群の逃げ道を断つようにくふうされている。網地にはナイロンやビニロンなどの合成繊維が用いられている。網の規模は、その操業法とともに漁獲能力を左右するので漁獲対象群の生態とくに運動能力に相応させてあり、たとえばイワシ縫切り網のように浮子方の長さで300メートル前後のものから、二艘(そう)巻カツオ・マグロ巾着網のように浮子方の長さが2500メートル、深さが250メートル程度に及ぶ大型のものまである。元来、巻網は群集性に富んだイワシ、マグロ、カツオ、サバ、アジなどを群れごと捕捉(ほそく)することを主眼としているので、網規模は運用網漁具中もっとも大きく、日本近海で操業されている大・中型巻網でも、たとえば東京都の霞が関(かすみがせき)ビルを取り巻くような網が使用されている。網船の規模は、ごく沿岸で操業されている小型巻網漁業の2、3トンから、北部太平洋海区、中部日本海海区など8海区で操業されている大・中型巻網漁業の135トン型、110トン型、80トン型、さらに単船操業の海外巻網漁業の349トン型まで千差万別である。
 巻網漁業の主体は巾着網で、揚繰網の構成も巾着網に近いものに改良されている。また、漁法上、一艘巻網と二艘巻網とに分類されるが、ごく沿岸性の小規模な漁業以外は、ほとんど一艘巻漁法になっている。巻網漁業中、巾着網漁業に次いで重要なものに、長崎県を中心として九州西岸で行われているイワシ縫切り網漁業がある。この漁業は、夜間、集魚灯を使用して操業され、カタクチイワシ、小アジ、小サバ、マイワシなどを漁獲している。このほかに、瀬戸内海で操業されているタイ縛り網漁業、日本海西・北区で行われているシイラ巻網漁業、静岡県の由比(ゆい)地方や蒲原(かんばら)地方で操業されているサクラエビ巻網漁業、北海道の各地で行われているホッケ巻網漁業などがある。しかし、現在ではいずれも産業的にはあまり重要でないか、操業を中止しているものが多い。巾着網の操作はほとんど機械化され、各種揚網機(パワーブロック、ネットホーラー、サイドローラー)、ウィンチ(パースウィンチ、キャプスタンなど)、網捌(あみさば)き機などが使用されている。2007年(平成19)以降、それまで農林水産省から公表されてきた海面漁業の「漁業種類別生産額(漁獲金額)」については、統計事業の見直しにより取りまとめが廃止されたため、ここでは、2006年の資料で示すと、大・中型巻網漁業の漁獲量は101万4000トン、漁獲金額は1196億円、中・小型巻網漁業では42万5000トン、509億円で、巻網漁業の合計で漁獲量が143万9000トン、漁獲金額は1705億円となる。これは海面漁業全体の漁獲量の32%、漁獲金額で16%となる(農林水産省「平成18年漁業・養殖業生産統計年報」による)。[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.