Rakuten infoseek

辞書

巻き波【まきなみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

巻き波
まきなみ
plunging breaker
砕波一種で,波の前面が崖のように立ち,波全体が一度に砕けるとき前面が巻くものをいう。波形勾配の小さい沖の波が浅海にくるときにみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海の事典

巻き波
砕け波の1つの形式で、浅海域に進入した波が対称性を失い、全面が切り立った壁のようになり、頂部の水が前に飛び出す形で巻くように砕けるものをいう。こ の場合、波は一度にどっと崩れることになり、碎波帯は狭い。沖での波の波形勾配が小さい程、また海浜の海底勾配が急な程、巻き波となり易い。前面がそれ程 切り立たない、崩れ波との中間の形をとる碎波を崩れ巻き波という。 (永田

出典:(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まきなみ【巻き波】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

巻き波
まきなみ
波浪が砕ける一つの形態。波の前面は切り立った崖(がけ)状で、後面は丸く、波の全体が一斉に巻いて砕ける。くずれ波は、沖合いでもみられるが、巻き波は水深の浅くなる海岸部でのみみられる。沖合いでの波形勾配(こうばい)が小さく、海底の勾配が急な場合に現れることが多い。[桜井邦雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巻き波」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巻き波の関連情報

他サービスで検索

「巻き波」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.