Rakuten infoseek

辞書

巴文【ともえもん】

防府市歴史用語集

巴文
 弓をいるときに左手につける[とも]という防具をかたどった模様のことです。C字形をしており、勾玉[まがたま]に形が似ています。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ともえもん【巴文】
紋章の一種。巴は蕨(わらび)形の頭をもった流線円周に沿って流れる形で,その原形は水渦,雲文,雷文,あるいは火焰の便化したものともいわれる。中国はもちろん,中央アジア,スキタイなどの古銅器や瓦などにも古くからこの文様が用いられている。家紋として用いたのは,公家では西園寺家武家では宇都宮,小山,結城氏にはじまるという。鎌倉時代以後は武家の間でこの紋を用いるものが多く,江戸時代に入っては300以上に及んだという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

巴文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巴文の関連情報

他サービスで検索

「巴文」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.