Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【巳】[漢字項目]
人名用漢字] [音]シ(漢) []み
十二支の6番目。み。「元巳(げんし)上巳

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【×巳】
十二支の6番目。
方角の名。南から東へ30度の方角。南南東。
時刻の名。現在の午前10時ごろ。また、その前後の2時間。または、午前10時から正午までの2時間。
1にあたる年や日。
暦4月の異称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

十二支の一つ。陰の火で、季節は夏、月は5月、時間は9~11時、方位南南東を表す。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

し【巳】
十二支の第六。み。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み【巳】
十二支の第六。年・日・時刻・方位などに当てる。へび。
時刻の名。今の午前10時頃。また、午前9時から午前11時の間。または午前10時から午前12時まで。
方角の名。南から東へ30度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


十二支の第6番目。十二支獣として蛇があてられる。4月の異称として用いられるほか、弁財天の縁日である己巳(つちのとみ)を巳の日といったり、3月最初の巳の日を巳の日の祓(はら)いまたは上巳(じょうし)の祓いといって、この日には、中国の故事に倣って、身についた罪や穢(けが)れを人形(ひとがた)に託し、これを川や海に流す風習があった。時刻としても用いられ、今日の午前10時を中心とした前後2時間を「巳の刻」「巳の時」といった。方角としては、南から東へ30度寄った方角をいい、南南東にあたっている。巳の刻が1日のなかばである午(うま)の刻(今日の午後0時)より前であるところから、巳の刻(巳の時)は物が新しい状態であることをいい、古びていく、盛りを過ぎることを「巳の時過ぐ」という。[宇田敏彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

み【巳】
〘名〙
① 十二支の一つで、その第六番目。
※拾遺(1005‐07頃か)物名・四二九・詞書「ね うし とら う たつ み 一夜ねてうしとらこそは思ひけめうき名たつみぞわびしかりける〈よみ人しらず〉」
② ①を年月日・方角・時刻に配して、その呼び名とするもの。
(イ) ①にあたる年や日。
(ロ) 南から東へ三〇度寄った方角。南南東。〔ロドリゲス日本大文典(1604‐08)〕
(ハ) 現在の午前一〇時頃。また、その前後二時間。一説に、その後二時間。巳の刻。巳の時。
※尾形了斎覚え書(1917)〈芥川龍之介〉「巳()の上刻には、篠既に乱心の体にて」
(ニ) 四月の異称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.