Rakuten infoseek

辞書

【オドレ】

デジタル大辞泉

おどれ【己】
[代]《「おのれ」の音変化》二人称人代名詞。相手をののしっていう語。きさま。うぬ。
「―はろくなことをしくさらん」〈黒島二銭銅貨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おの【己】
[代]
反射代名詞。自分自身。自分。
一人称人代名詞。わたし。
二人称の人代名詞。相手をさげすんでいう。おまえ。
「―、のちに会はざらんやは」〈宇治拾遺・九〉
[補説]通常、格助詞「が」を伴って用いる。→己(おの)が

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おの‐れ【己】
《「れ」は「われ」「たれ」などの「れ」と同じもの》
[代]
反射代名詞。その人、またはそのもの自身。自分。自分自身。「を省みる」
二人称人代名詞。目下に対して、または相手をののしっていう。おまえ。きさま。「には関係ないことだ」
一人称の人代名詞。わたくし。卑下して用いるとが多い。
「風をいたみ岩打つ波の―のみくだけてものを思ふ頃かな」〈詞花・恋上〉
[副]自分自身で。ひとりでに。
「松の木の―起きかへりて」〈・末摘花〉
[感]激して発する語。やい。ちきしょう。「、逃がしてなるものか」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おら【己】
[代]一人称の人代名詞。おれ。おいら。近世には、江戸町人の女性も用いた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【己】
十干(じっかん)の第六。つちのと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【己】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こ【己】[漢字項目]
[音](呉) (漢) [訓]おのれ つちのと
学習漢字]6年
〈コ〉おのれ。自分。「一己自己利己
〈キ〉おのれ。「克己知己
[名のり]おと・な・み

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つち‐の‐と【己】
《「土の弟(と)」の意》十干の6番目。き。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な【己/×汝】
[代]
一人称の人代名詞。わたくし。自分。
「常世辺(とこよへ)に住むべきものを剣大刀―が心からおそやこの君」〈・一七四一〉
二人称の人代名詞。あなた。おまえ。なんじ。
「千鳥鳴く佐保の川門(かはと)の瀬を広み打橋渡す―が来と思へば」〈・五二八〉
[補説]もと一人称であったものが、二人称に転用されたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

十干の一つ。五行の土行のうち、陰の土をあらわす。自然界では、素朴な畑や田園の土に例えられる。穏やかで、粘り強く万物を育成していく性質がある。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

うら【己】
( 代 )
一人称。主として下賤の者が用いる。おれ。おのれ。 「 -が親方の背戸ぐちに/滑稽本・膝栗毛

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おどれ【己】
( 代 )
〔「おのれ」の転〕
二人称。相手をののしっていう語。うぬ。きさま。 「 -は又、人売りの請けでな/浮世草子・胸算用 4

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おの【己】
( 代 )
反照代名詞。その人またはそのもの自身をさす語。 「罪もなき人をうけへば忘れ草-が上にぞ生ふといふなる/伊勢 31
一人称。わたくし。われ。 「まだ幼くて-がもとに渡り給ひにしかば/落窪 3」 〔「おのが」の形か、あるいは「おのおの」「おのづま」など複合語としてのみ用いられる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おのれ【己】
( 代 )
反照代名詞。その人自身、またはその物自体をさす。自分。自分自身。 「 -の分を心得る」 「白き花ぞ-ひとりゑみの眉開けたる/源氏 夕顔
一人称。卑下の意を込めて用いることが多い。 「 -は五条西洞院のほとりに候ふ翁に候ふ/宇治拾遺 1
二人称。目下の人に対して、または相手を見下し、ののしっていう時に用いる。お前。きさま。 「かく賤しき-がもとにしばしおはしつるなり/竹取」
( 副 )
ひとりでに。自然に。 「松の木の-起きかへりて/源氏 末摘花
( 感 )
怒りや悔しさを表す語。 「 -、よくも裏切ったな」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おら【己】
( 代 )
一人称。おれ。おいら。 「 -が所のかかさんときちやあ/滑稽本・浮世風呂 2」 〔男性が用いるぞんざいな言い方の語であるが、近世江戸語では町人の女性も用いた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【己】
十干の第六。つちのと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つちのと【己】
〔「土の弟」の意〕
十干じつかんの第六。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おどれ【己】
〘代名〙 (「おのれ(己)」の変化した語) 対称。相手をいやしめののしっていう。うぬ。おまえ。きさま。
※かた言(1650)三「うぬ、うぬめ、をどれ、しどれなどいふことはあしかるべし」
※二銭銅貨(1926)〈黒島伝治〉三「畜生! おどれはろくなことをしくさらん!」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おぬ【己】
〘代名〙 (「おの(己)」の変化した語) 自称。おのれ。
※虎明本狂言・枕物狂(室町末‐近世初)「あふ夜は君のたまくら、こぬよはおぬが袖まくら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おの【己】
〘代名〙
① (反射指示) その人、またはそのもの自身をさす語。自分。
※古事記(712)中・歌謡「御真木入日子(みまきいりびこ)はや 御真木入日子はや 意能(オノ)が命(を)を 盗み死せむと」
② 自称。われ。
※落窪(10C後)三「まだ幼くておのがもとにわたり給ひにしかば、我が子となん思ひ聞えしを」
③ 対称。おまえ。
※古本説話集(1130頃か)二八「いつ法師にはなりしぞ。したみつとてありし、をのがむすめは、いづちかいにし」
[補注]助詞「が」を伴うか、あるいは体言に直接冠した形で用いられ、独立しては用いられない。→おのがおのれ

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おの‐れ【己】
[1] 〘代名〙
① (反射指示) その人、またはそのもの自身をさす。自分。
※万葉(8C後)一六・三八八三「彌彦(いやひこ)於能礼(オノレ)神さび青雲のたなびく日すら小雨そほ降る」
※源氏(1001‐14頃)夕顔「白き花ぞおのれひとりゑみの眉開けたる」
② 自称。卑下の意をもつ場合に用いることが多い。われ。わたくし。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「山のあるじ、俊蔭にのたまふ『をのれは天上より来たり給し人の御子どもなり』」
③ 対称。目下の者に対するか、あるいは相手を見下し、またはののしる時に用いる。
※万葉(8C後)一二・三〇九八「於能礼(オノレ)ゆゑ詈(の)らえて居れば(あをうま)の面高夫駄に乗りて来べしや」
※竹取(9C末‐10C初)「かくや姫は、罪をつくり給へりければ、かく賤しきをのれがもとに、しばしおはしつる也」
[2] 〘副〙 自分自身で。自然に。ひとりでに。おのれと。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「橘の木の埋もれたる、御随身召してはらはせ給ふ。うらやみ顔に、松の木のをのれ起きかへりて」
[3] 〘感動〙 相手に激して強く呼びかける時のことば。やい。また、単に自ら発奮する時にも用いる。うぬ。えい。
※今昔(1120頃か)二七「然て、季武が云なる様、いで抱かむ、己と」
[語誌](一)は上代から用いられ、同じ人称代名詞「おの」が助詞「が」を伴うか、あるいは直接体言に冠して用いられるのに対し、単独で用いられる場合が多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【己】
〘名〙 十干の第六番目。つちのと。〔爾雅‐釈天〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つち‐の‐と【己】
〘名〙 (土の弟の意) 十干(じっかん)の第六番目。五行説によって、五行の土に十干の己(き)を配したもの。き。
色葉字類抄(1177‐81)「己 ツチノト」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

己の関連情報

他サービスで検索

「己」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.