Rakuten infoseek

辞書

差合【サシアイ】

デジタル大辞泉

さし‐あい〔‐あひ〕【差(し)合(い)/指(し)合(い)】
[名・形動]
さしつかえ。さしさわり。
「毫(ちっと)も貴方に―のあるのじゃ御座いませんけれどね」〈木下尚江良人の自白
人前で言ったりしたりすべきでないこと。つつしみ、遠慮すること。また、そのさま。
「お酒に酔うと直(じき)に親子の―もなく」〈二葉亭浮雲
二人で力を合わせてある物事をすること。また、そのさま。
「二人で―にかつぐ」〈左千夫野菊の墓
月経をいう女房詞
連歌俳諧で、同字語や同義語などが規定以上に近くに出るのを禁じること。また、そのきまり。→去り嫌い

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さしあい【差合】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さ‐あい ‥あひ【差合】
〘名〙 取引相場で、相場上ののこと。(さや)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さし‐あわ・す ‥あはす【差合】
(「さし」は接頭語)
[1] 〘他サ下二〙
① 心などを一つにする。しめしあわせる。調子などを合わせる。
※源氏(1001‐14頃)行幸「御心をさしあはせて、のたまはむ事」
※太平記(14C後)二六「敵東西より差合(サシあは)せて雨の降る様に射る矢に」
② いくつもの事を同時に行なう。一緒にする。
※源氏(1001‐14頃)竹河「この御参りすぐして中の君をとおぼすなるべし。さしあはせては、うたてしたり顔ならむ」
③ (刀などを)ちょうど役立つように、その場に差している。
※虎明本狂言・仁王(室町末‐近世初)「さいわひさしあはせて御ざる此刀をかけまらせう」
[2] 〘自サ下二〙 いくつもの事が同時に起こる。一緒になる。重なる。
※大鏡(12C前)二「おほやけごとさしあはせたるひなれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さし‐あわせ ‥あはせ【差合】
〘名〙
① 他の人と一緒にすること。また、一緒であること。さし。さしあい。
※三十二番職人歌合(1494頃)二六番「旅の世の憂きをいとはば輿舁(こしかき)のくるしむ道ぞさし合せなる」
② 急の用に役立てることのできるもの。たすけとなるもの。
※浮世草子・世間胸算用(1692)五「たからは身のさしあはせ、これをうりて、当座の用にたつるより外なし」
③ さしさわり。故障。さしあい。
※浄瑠璃・伊賀越道中双六(1783)八「ハッと恟(びっく)り、差合せ包む我が名の顕れ口」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

差合」の用語解説はコトバンクが提供しています。

差合の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.