Rakuten infoseek

辞書

左方唐楽【さほうとうがく】

大辞林 第三版

さほうとうがく【左方唐楽】
雅楽の曲目分類用語。右方高麗楽と対をなし、雅楽の器楽曲(狭義の雅楽)を二大分する。現行の左方唐楽には管弦(器楽合奏のみ)と舞楽ぶがく(器楽合奏と舞)の二様式があり、前者には笙しよう・篳篥ひちりき・竜笛りゆうてき・琵琶びわ・箏そう・羯鼓かつこ・鉦鼓しようこ・太鼓の八種類の楽器を用い、後者には琵琶・箏を除く六種類を用いる。古代に伝来した各種外来楽が九世紀に、日本的に整理された結果の分類であり、それ以前の唐楽と林邑りんゆう楽がこれに含められた。左楽。唐楽。 → 左舞さまい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左方唐楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

左方唐楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.