Rakuten infoseek

辞書

左大臣【さだいじん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

左大臣
さだいじん
(1) 律令制下,太政大臣不在の場合に,太政官の政務を支配した官。一の上 (かみ) ともいう。大化1 (645) 年に初めて設けられ,阿部内麻呂が任じられた。太政大臣,右大臣とともに三公といわれ,二位相当官で位田,職田などを賜わり実権をもっていたが,中世以後は儀式的な存在となった。 (2) 明治2 (1869) 年7月8日制定の職員令により,太政官に設けられた官職。太政官の長官として右大臣と対置された。職掌官位は右大臣と同一で定員は1名。同4年7月 29日の官制改革により一時名称が削除されたが,同8月 10日の改革により,正院「三職」の一つとして復活した。 1885年 12月 22日,太政官達 69号による内閣制度の発足とともに廃止。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さ‐だいじん【左大臣】
律令制で、太政官の長官。太政大臣の次位、右大臣の上位にあって、政務を統轄した。左府左丞相(さしょうじょう)。左僕射(さぼくや)。ひだりのおおいもうちぎみ。ひだりのおとど。
明治初期の太政官制における官名。明治18年(1885)、内閣制度発足で廃止。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひだり‐の‐おおいもうちぎみ〔‐おほいまうちぎみ〕【左大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひだり‐の‐おとど【左大臣】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

さだいじん【左大臣】
群馬の日本酒。酒名は、平安末期の左大臣・藤原常房の子でこの地に住んでいた尾瀬三郎の愛称「尾瀬の左大臣」にちなみ命名。大吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒がある。平成25年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は若水など。仕込み水は尾瀬の伏流水。蔵元の「大利根酒造」は明治35年(1902)創業。酒造りの始まりは江戸中期までさかのぼる。所在地は沼田市白沢町高平。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

左大臣
群馬県、大利根酒造有限会社の製造する日本酒。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さだいじん【左大臣】
律令制で、太政官の官名の一。太政大臣の下、右大臣の上に位置し、太政官の政務を統括する。左丞相。左府。ひだりのおおいもうちぎみ。ひだりのおとど。
明治初期の最高官職の一。1869年(明治2)天皇を補佐して大政を統理するため、右大臣とともに設置された。85年内閣制度の制定により廃止。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひだりのおおいもうちぎみ【左大臣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひだりのおとど【左大臣】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

左大臣
さだいじん
(1)令制(りょうせい)太政官(だいじょうかん)の官職で、実質上の長官。右大臣とともに衆務を統理した。三公の一つ。定員は1名で、二位相当官。職田(しきでん)30町、食封(じきふ)2000戸、資人(しじん)200人が給された。その初見は『日本書紀』によれば645年(大化1)に任ぜられた阿倍内麻呂(あべのうちまろ)であり、671年(天智天皇10)には太政大臣など三大臣がそろって任命されたが、制度的に確立したのは701年(大宝1)の大宝令(たいほうりょう)によってであろう。官名は、唐の尚書省の左僕射(さぼくや)を倣って、それまでの大臣を左右に分けたことに由来するといわれるが、さだかではない。758~764年(天平宝字2~8)の間は大傅(たいふ)と称された。平安時代にも形式化した太政大臣に比して朝廷政務の責任者としての地位を保持し一上(いちのかみ)とよばれた。その後、武家政権下では名誉的存在であったが、1868年(明治1)に太政官制の廃止とともに廃された。
(2)明治初期の官職。1869年(明治2)7月の官制改革(二官六省)により再置され、71年8月三院八省制のもとでは正院(せいいん)を構成したが、85年に内閣制度が実施されて廃止された。[佐藤宗諄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐だいじん【左大臣】
[1] 〘名〙 令制の官。則闕(そっけつ)の官である太政大臣を除いては、国家の中枢機関である太政官の最高の職。国政を総理する。右大臣の上席。江戸時代にも形骸化しながら存続したが、明治一八年(一八八五)一二月、内閣制の発足とともに廃された。ひだりのおとど。左相閤。左相国。左丞相。左相府。左相。左太閤。
※令義解(718)職員「左大臣一人。〈掌理衆務。挙持綱目。惣判庶事〉」
[2] 特に、藤原時平(ふじわらのときひら)を指す。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

左大臣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

左大臣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.