Rakuten infoseek

辞書

【コウ】

デジタル大辞泉

こう【工】
道具を使って物を作ること。また、それを業とする人。「仕上げ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【工】[漢字項目]
[音]コウ(漢) (呉) [訓]たくみ
学習漢字]2年
〈コウ〉
物を作り出す仕事。巧みなわざ。「工員工学工業工芸工作工事工場工程加工施工(しこう・せこう)人工着工
物を作る人。職人。「工匠画工女工職工名工
「工学」「工業」の略。「工科商工理工
〈ク〉
巧みなわざ。「工夫(くふう)工面細工
職人。「石工(いしく)大工
[名のり]ただ・つとむ・のり
[難読]工合(ぐあい)木工(もく)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こう【工】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こう【工】
名詞の下に付けて接尾語的に用いる。
工員・職工の意を表す。 「旋盤-」 「熟練-」
工業高校の略。 「浜松-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く【工】
〘名〙
(しょう)の吹き口の真上にある最長の管の名。その音は乙の上無(かみむ)。左手の拇指でおさえる。
② 笙の奏法の一つ。工・凡(ぼ)・乙(お)・美(び)・行(ぎょう)・七(しち)の六管を同時に鳴らすもので、不協和音である。合竹(あいたけ)
雅楽琵琶の甲所(かんどころ)の名。第一弦の第一の柱の名、およびそれをおさえた音。左手の食指でおさえる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【工】
〘名〙
道具を使って物を造り出すこと。また、それを業とする者。細工をする人。工匠。職人。職工。たくみ。〔文明本節用集(室町中)〕
※交易問答(1869)〈加藤弘之〉下「農工商といふ者は三鼎の様なもので」 〔論語‐衛霊公〕
② いろいろと工夫すること。
※芭蕉雑記(1923‐24)〈芥川龍之介〉一一「字眼とは一字の工(コウ)の為に一句を穎異(えいい)ならしめるものである」
③ 雅楽の管楽器篳篥(ひちりき)の上から八番目の穴の名。音は盤渉(ばんしき)(ロ音)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工の関連情報

他サービスで検索

「工」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.