Rakuten infoseek

辞書

工業技術院【こうぎょうぎじゅついん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

工業技術院
こうぎょうぎじゅついん
経済産業省の特別の機関。経済産業省設置法8条および工業技術院設置法 (昭和 23年法律 207号) により設置。鉱業および工業に関する試験,研究,調査,技術指導,地質の調査,計量の標準の設定,工業標準の制定,普及,工業化試験およびその他の試験研究の助成などを主務としている。工業技術行政の中心であり,多くの付属試験研究機関をもっている。 1948年商工省逓信省の研究機関を統合して工業技術庁として発足,1952年工業技術院と改称通商産業省に所属した。その後 2001年の中央省庁改革に伴い計量教習所と統合,独立行政法人の産業技術総合研究所に改組された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こうぎょうぎじゅつ‐いん〔コウゲフギジユツヰン〕【工業技術院】
鉱工業の科学技術に関する試験研究、計量標準の設定、日本工業規格JIS)の制定などを行った行政機関。昭和23年(1948)工業技術庁の名称で商工省に設置、同27年改称。通商産業省外局を経て、平成13年(2001)廃止。一部業務は独立行政法人産業技術総合研究所に吸収された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうぎょうぎじゅついん【工業技術院】
産業技術政策の企画・立案・施行および工業化試験研究を実施し,産業技術の向上とその成果の普及を行い,日本産業の技術水準の向上と振興を図るために設けられた通商産業省の外局。1948年に工業技術庁設置法にもとづき,商工省(現,通商産業省)の外局としてまず工業技術庁という名称で設立され,52年工業技術院と改称。組織は,主として産業技術の振興と工業化試験研究の企画・立案・施行に関する業務を行う総務部と,JIS(日本工業規格)の制定に関する業務を行う標準部の2部で構成されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

工業技術院
こうぎょうぎじゅついん
通商産業省設置法第8条、工業技術院設置法に基づき、通商産業省に置かれていた特別の機関。前身の工業技術庁が、1952年(昭和27)に工業技術院と改称。2001年(平成13)1月の省庁再編により工業技術院は廃止され、経済産業省の産業技術環境局および経済産業省産業技術総合研究所を経て、同年4月独立行政法人化し産業技術総合研究所として再発足、さらに2015年4月、国立研究開発法人に移行した。
 工業技術院は、鉱工業の科学技術に関する試験研究業務の総合的遂行、生産技術の向上とその成果の普及により経済の興隆に寄与することを目的としていた。工業技術院には、内部部局として総務部と標準部が置かれていた。総務部は、通商産業省の所掌にかかわる事業の科学技術に関する事項についての総合的施策の連絡調整、人事に関すること、会計および会計の監査、工業技術院所属の試験研究所の試験研究計画その他の業務計画の設定および実施の調整・促進、鉱業および工業の科学技術の地域の特性に応じた進歩および改良についての総合的な施策の立案および連絡調整に関する事務等をつかさどっていた。また、標準部は、工業標準の調査、制定、実施指導および普及奨励の総括、国際標準化機関との連絡調整に関する事務その他の国際標準化、工業標準にかかわる認定、指定および承認の実施に関する事務等をつかさどっていた。試験研究所として、つくばセンターに、産業技術融合領域研究所、計量研究所、機械技術研究所、物質工学工業技術研究所、生命工学工業技術研究所、地質調査所、電子技術総合研究所、資源環境技術総合研究所が、地域研究所として北海道工業技術研究所、東北工業技術研究所、名古屋工業技術研究所、大阪工業技術研究所、四国工業技術研究所、中国工業技術研究所、九州工業技術研究所があり、合計15の試験研究所が置かれていた。また、付属機関として日本工業標準調査会があった。
 なお、これらを引き継いで再発足した産業技術総合研究所には、研究拠点として、東京本部、つくば本部のほか、北海道センター、東北センター、福島再生可能エネルギー研究所などの地域研究拠点がある。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうぎょう‐ぎじゅついん コウゲフギジュツヰン【工業技術院】
〘名〙 昭和二三年(一九四八)工業技術庁設置法に基づき設置された工業試験研究機関。はじめ工業技術庁の名称で商工省の所管であったが同二七年に改称。通商産業省の外局を経て平成一三年(二〇〇一)廃止。生産技術の向上と成果の普及を図ることを目的とし、鉱業および工業の科学技術に関する試験研究、計量標準の設定、日本工業規格(JIS)制定の業務などを行なった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工業技術院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工業技術院の関連情報

他サービスで検索

「工業技術院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.