Rakuten infoseek

辞書

工作物【コウサクブツ】

デジタル大辞泉

こうさく‐ぶつ【工作物】
材料を加工して作り上げたもの。
法律で、建物・塀・電柱トンネルなど、地上または地中に設置されたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こうさくぶつ【工作物】
材料を加工して組み立てたもの。製作品。
〘法〙 建物・塀・橋などのように土地に接着して設置されたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こうさく‐ぶつ【工作物】
〘名〙
材料に機械加工を行ない、組み立てて作りあげた物品。製作物。製作品
② 法律で、労力を加えて土地に接着して製作または築造された設備をいう。建物、へい、橋、トンネル、ダム、電柱、池、井戸など。
※民法(明治二九年)(1896)二六五条「地上権者は他人の土地に於て工作物又は竹木を所有する為め其土地を使用する権利を有す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

工作物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

工作物の関連情報

他サービスで検索

「工作物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.