Rakuten infoseek

辞書

【ジュン】

デジタル大辞泉

じゅん【巡】
[名]巡爵(じゅんしゃく)」に同じ。
「蔵人の―に参河(みかは)の守(かみ)に任ず」〈今昔・一九・二〉
[接尾]助数詞。ひとまわりした回数を表すのに用いる。「打席が一する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

じゅん【巡】[漢字項目]
常用漢字] [音]ジュン(呉) [訓]めぐる
回り歩く。めぐる。「巡業巡航巡礼一巡歴巡
視察して回る。「巡査巡察巡視巡狩
ためらう。「逡巡(しゅんじゅん)
[名のり]みつ・ゆき
[難読]お巡(まわ)りさん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅん【巡】
巡爵じゆんしやくに同じ。 蔵人の-に参河の守に任ず/今昔 19
接尾
助数詞。ひとまわりした回数を表すのに用いる。 打席三-目

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん【巡】
[1] 〘名〙
① まわり。めぐり。一まわりしてまたくりかえす意にも用いる。
※今昔(1120頃か)一九「寂照が巡に成て、自ら鉢を取て立むと為るに」
※今昔(1120頃か)一九「蔵人の巡に参河の守に任」
[2] 〘接尾〙 ひとまわりした回数を表わすのに用いる。まわり。めぐり。
※西宮記(969頃)一「次楽舞〈各二曲〉茎立、苞焼、蘇、甘栗、七八巡、宮司給祿〈就内侍候所給〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巡の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.