Rakuten infoseek

辞書

巡邏【ジュンラ】

デジタル大辞泉

じゅん‐ら【巡×邏】
[名](スル)
見回って警戒すること。見回り。「暮れの町を巡邏する」
江戸末期、江戸市中巡回警備した役人邏卒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じゅんら【巡邏】
スル
警備のため見まわって歩くこと。また、その人。 市中を-する
江戸末期、江戸市中をまわり、警備した役人。邏卒。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じゅん‐ら【巡邏】
〘名〙
① 巡回・警備すること。警戒のために見まわること。見まわり。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)六・峩山松蕈歌「竟夜槌鼓防獣暴、昼間巡邏護狗盗」 〔元史‐成宗紀〕
② 江戸末期、江戸市中を警固するために見まわった役人。また、その任務。文久三年(一八六三)に幕府がその方法、区画を定め、番士にこれを命じ元治元年(一八六四)巡回を開始。明治七年(一八七四)巡査と改称。邏卒(らそつ)
※幕末御触書集成‐九六・文久三年(1863)九月二一日「巡邏当番之儀、惣人数申合、一昼夜充に交代可致候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

巡邏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

巡邏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.