Rakuten infoseek

辞書

川面【カワヅラ】

デジタル大辞泉

かわ‐づら〔かは‐〕【川面】
《古くは「かわつら」》
川の水面。かわも。「川面にさざ波が立つ」
川のほとり。かわべ。
「大いなる―に出でて」〈宇津保・俊蔭〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ‐も〔かは‐〕【川面】
川の水面。かわづら。「川面に月が映る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かわづら【川面】
〔古くは「かわつら」〕
川の水面。かわも。 「 -を渡る風」
川のほとり。 「大いなる-に出でてすれば/宇津保 俊蔭

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわも【川面】
川の水面。かわづら。 「 -にうつる雲」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわつら かはつら【川面】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ‐づら かは‥【川面】
〘名〙 (「かわつら」とも)
① 河川に面した場所。川のほとり。川べ。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「釣りをかまへてつるに、いとをかしげなる児の、大いなるかはつらにいでてすれば」
② 川の水の表面。かわも。
※車屋本謡曲・春日龍神(1465頃)「月の御船の、佐保の川つらに、うかび出づれば」
仮名草子・竹斎(1621‐23)下「川つらを見渡せば、波打ち寄する島田の宿」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわ‐も かは‥【川面】
〘名〙 川の表面。かわづら。
※愛居(1947)〈高浜虚子〉「晴れたり曇ったりしてゐた九頭龍の川面(カハモ)は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川面」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川面の関連情報

他サービスで検索

「川面」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.