Rakuten infoseek

辞書

川本幸民【かわもとこうみん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川本幸民
かわもとこうみん
[生]文化7(1810).摂津三田
[没]明治4(1871).6.1. 東京
江戸時代末期の蘭学者。摂津三田 (さんだ) 藩医周安の子。名は裕,裕軒と号する。文政 12 (1829) 年6月江戸に出て足立長雋 (ちょうけい) ,坪井信道に蘭方医学蘭学を学んだ。天保5 (34) 年三田藩医となる。翌年,再び江戸に出ての露月町に開業。理化学に通じ,島津氏の命によって機械薬品などを作製。安政6 (59) 年には幕府蕃書調所教授に任命され,維新後は三田に退隠。著書に『写真方』『遠西器述』など多数がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かわもと‐こうみん〔かはもとカウミン〕【川本幸民】
[1810~1871]江戸末期の蘭学者摂津の人。名は。医学のほか理化学・機械にも精通。三田医。のち、薩摩(さつま)藩校学頭・幕府洋書調所教授。気海観瀾広義」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

川本幸民 かわもと-こうみん
1810-1871 江戸時代後期の蘭学者。
文化7年生まれ。足立長雋(ちょうしゅん)に蘭方医学を,坪井信道に蘭学をまなぶ。天保(てんぽう)5年(1834)郷里の摂津三田(さんだ)藩(兵庫県)藩医となり,翌年江戸で開業。理化学に通じ,「気海観瀾広義」を翻訳・刊行し,天文・熱学・光学電気・化学などを紹介・解説。安政6年蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授に任じられた。明治4年6月1日死去。62歳。名は裕。通称は周民。号は裕軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かわもとこうみん【川本幸民】
1810‐71(文化7‐明治4)
幕末の蘭学者。摂津三田藩医川本周安の三男。名は裕,字は幸民,号は裕軒。1829年(文政12)江戸に出て坪井信道らに蘭学を学ぶ。34年(天保5)藩医,翌年江戸で開業。56年(安政3)幕府の蕃書調所教授手伝,59年教授,62年(文久2)幕臣に列し,明治維新官した。《気海観瀾広義》《遠西奇器述》《化学新書》等を著し,マッチ,ビール,銀板写真を試作するなど,西洋理化学の研究・紹介に尽くした。妻秀子は青地林宗三女

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かわもとこうみん【川本幸民】
1810~1871 江戸末期・明治初期の蘭学者。摂津の人。江戸で足立長雋ちようしゆんに医学を、坪井信道に蘭学を学ぶ。医業のかたわら、窮理・化学を研究、写真・電信機・マッチ・ビールなどを試作。蕃書調所教授。著「気海観瀾広義」「化学新書」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

川本幸民
かわもとこうみん
(1810―1871)
蘭学(らんがく)者、日本の化学の先駆者。摂津国(兵庫県)三田(さんだ)藩医川本周安の三男。名は裕、幼名敬蔵、通称周民のちに幸民、号は裕軒。1829年(文政12)藩命により江戸の蘭医足立長雋(ちょうしゅん)に学び、翌1830年坪井信道(しんどう)に入門して蘭語を修めた。1833年(天保4)藩医に任ぜられて江戸に住まい、1835年青地林宗の三女秀子と結婚。1836年刃傷(にんじょう)らしき事件のため藩邸に幽閉されたのち浦賀に蟄居(ちっきょ)したが、1841年江戸に戻り、医業と蘭学研究を続けた。1851年(嘉永4)から1856年(安政3)にかけて『気海観瀾広義(きかいかんらんこうぎ)』15巻を翻訳刊行し、岳父林宗の『気海観瀾』(1827)を大幅に増補して、天文、物性、化学、熱、電気、光などの物理現象を解説した。また1856年ころ『兵家須読舎密(せいみ)真源』訳稿を完成。これは砲術家のための実践的化学書であるが、原子論に立脚して定量的化学の基礎を述べたものである。また化学薬品の製造やマッチ、銀板写真、ビール、電信機の試作など実際的活動をも手がけ、薩摩(さつま)藩主島津斉彬(なりあきら)の知遇を得た。1856年蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝となり、1859年教授職、1860年(万延1)精煉方(せいれんかた)設置とともにその中心人物となった。この間、初めて書名に化学の名を用いた『化学新書』を訳述し(1861完稿)、漢字の元素記号を用いて化学反応式を記した。1868年三田へ帰り、嗣子(しし)清一とともに蘭学と英学の塾を開いたが、1870年東京へ移り翌明治4年62歳で死去した。幸民の訳著書によって幕末期に原子論的化学の体系的学習が可能となったことの意義は大きい。[内田正夫]
『日本学士院編『明治前日本物理化学史』(1964・日本学術振興会) ▽川本裕司・中谷一正著『川本幸民伝』(1971・共立出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわもと‐こうみん【川本幸民】
幕末の蘭学者。摂津の人。諱は裕。号裕軒。坪井信道、青地林宗らについて蘭学を修め、理化学に精通。薩摩藩校学頭、幕府洋書調所教授などをつとめる。写真術、マッチなどの実験を行なう。著「地球理説」「舎密読本」「気海観瀾広義」など。文化七~明治四年(一八一〇‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

川本幸民
カワモト コウミン
Kawamoto, Komin

幕末期の蘭学者で日本の物理学,化学の基礎を築いた博学者.文化7年生まれ(月日不明),明治4年6月1日没.摂津国三田藩(兵庫県三田市)の藩医川本周安の末子.号は裕軒.藩校の造士館で漢学を学んだ後,19歳で江戸に出て蘭医の足立長雋,坪井信道のもとで蘭学・蘭医を習得し,1835年江戸で医を開業,青地林宗の三女と結婚.同年刃傷事件に連座し7年間のちっ居生活後,西洋科学技術の優位性を再認識し,それらの蘭書を翻訳し,物理学,化学の導入を推進した.幕末期には幕府の蕃書調所の教授として化学教育の中心的存在であった.訳書「気海観瀾広義」(1851~1856年)で物性,運動,光,電気などを概説し,日本の物理学成立に貢献した.「遠西奇器述」(1854年)で写真,電気めっき術などの技術を解説した.1856年「兵家須読舎密真源」,1860年には中国起源の“化学”をはじめて書名に採用した「化学新書」で原子論,化学の基本法則などを紹介し,より近代的化学内容を導入した.化学薬品の製造,マッチ,ビール,銀板写真などの試作も行っている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川本幸民」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川本幸民の関連情報

関連キーワード

クライストブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセンケレタロウェルナー(Zacharias Werner)スペイン独立戦争パッフ(Johann Friedrich Pfaff)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.