Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

川崎【かわさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川崎
かわさき
岩手県南端,一関市中南部の旧村域。北上川東岸に位置する。 1956年薄衣村,門崎村が合体して川崎村が成立。 2005年一関市,花泉町,大東町,千厩町,東山町,室根村の6市町村と合体して一関市となった。地名は中世以来のもので由来に諸説がある。大部分標高 350m前後の丘陵で,耕地は南流する砂鉄川,西流する千厩川の流域にわずかに開ける。古くから水害に悩まされてきたが,薄衣地区に堤防が築かれてから水稲栽培が安定。タバコ栽培のほかに,乳牛飼育やリンゴ栽培も行なわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎
かわさき
静岡県南部,牧之原市北部の旧町域。駿河湾西側に面し,勝間田川の河口に位置する。 1889年町制施行。 1955年2村と合体して榛原町に,2005年相良町と合体して牧之原市になった。河港のある中心集落の静波は,江戸時代掛川藩の年貢米積出港として栄えた。海水浴場として知られ,付近には勝間田城跡,石雲院,竜眼山の旧跡がある。海岸沿いは御前崎遠州灘県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かわさき【川崎】[地名]
神奈川県北東部の市。多摩川の南岸にあり、東海道宿場町として発展。京浜工業地帯の中核をなす大工業地。昭和47年(1972)指定都市。人口142.6万(2010)。
川崎市の区名。川崎大師の門前町。
[補説]川崎市の7区
麻生区川崎区幸区高津区多摩区中原区宮前区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわさき【川崎】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かわさき【川崎】
神奈川県北東部の市。東は東京湾に面し、西は多摩丘陵に及ぶ。指定都市。海寄りは大工業地帯、内陸部は住宅地。
宮城県南西部、柴田郡の町。山林地帯で笹谷街道が通ずる。青根温泉・峨々がが温泉がある。
福岡県中部、田川郡の町。炭坑町として発達したがすべて閉山。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわさき【川崎】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

川崎
かわさき

岩手県南部、東磐井郡(ひがしいわいぐん)にあった旧村名(川崎村(むら))。現在は一関(いちのせき)市のほぼ中央部に位置する地域。1956年(昭和31)薄衣(うすぎぬ)、門崎(かんざき)の2村が合併して成立。2005年(平成17)一関市に合併。JR大船渡(おおふなと)線、国道284号が通じる。北上川に注ぐ砂鉄(さてつ)川、千厩(せんまや)川流域に耕地が開ける。かつては水害常襲地であったが、河川改修が進んだ。薄衣地区は北上川舟運の河港として栄えた。米作、葉タバコ栽培、養蚕、製糸が盛んであったが、養蚕、製糸は衰退した。テッポウユリを特産する。神楽(かぐら)をはじめ伝統芸能の継承に力を入れ、北上大橋下流の花火大会は有名。

[川本忠平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

川崎
(神奈川県川崎市川崎区)
東海道五十三次指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわ‐さき かは‥【川崎】
[1] 〘名〙
① 川の流れに突き出た所。
※謡曲・鵜飼(1430頃)「あれに見えたる川崎のみ堂へおん出であってお泊りやれや」
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉三「一艘は水船になってしまったために、〈略〉別の川崎に移って、帰ってきた」
[2]
[一] 神奈川県北東部の地名。鎌倉時代に河崎氏の館があり、江戸時代には東海道の宿場として栄えた。現在の市域は東京都と横浜市との中間を多摩川沿いに長く広がり、東京湾に面する埋立地は京浜工業地帯の核心部。大正一三年(一九二四)市制。昭和四七年(一九七二)政令指定都市。
[二] 神奈川県川崎市の行政区の一つ。昭和四七年(一九七二)成立。市東端に位置し、臨海部は京浜工業地帯の中心。川崎市役所、川崎大師がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川崎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.