Rakuten infoseek

辞書

川崎船【カワサキブネ】

デジタル大辞泉

かわさき‐ぶね〔かはさき‐〕【川崎船】
江戸時代から、北陸・東北地方で沖合漁業に使われた大型漁船。
東北・北海道地方で、小型の発動機付き漁船。蟹工船(かにこうせん)の付属にも使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわさきぶね【川崎船】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かわさきぶね【川崎船】
江戸時代から東北・北海道地方で、サケ・マス・タラなどの漁労・運送に使用された大型の和船。
蟹工船かにこうせんなどの母船に積み込まれ、漁場で漁獲・運搬などを行う小型の和船造りの漁船。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわさき‐ぶね かはさき‥【川崎船】
〘名〙
江戸時代、北陸地方から東北地方にかけて、タラ、タイ、イカ、ニシンなどの沖合漁業に従事した比較的大型の漁船。小廻しの廻船としても使われた。越前川崎、越後川崎などと国名を冠して呼ぶことが多い。垣立(かきたつ)を設けない標準的な日本型漁船だが、明治時代には洋式構造を加え、帆装も洋式化して性能が向上。〔金浦村役猟舟方御役目録(1671)〕
蟹工船に付属する発動機付小型漁船の呼称。底刺網の敷設、引揚げに従事。
※蟹工船(1929)〈小林多喜二〉二「蟹工船には川崎船を八隻のせていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川崎船」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川崎船の関連情報

他サービスで検索

「川崎船」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.