Rakuten infoseek

辞書

川副【かわそえ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川副
かわそえ
佐賀県東部,佐賀市南部の旧町域。佐賀平野の南東端に位置し,有明海に臨む。中世以後の干拓地にある。 1955年南川副町,中川副村,大詫間村が合体して発足。 1956年西川副村を編入。 2007年佐賀市に編入。犬井道と広江を結ぶ線がほぼ 16世紀中頃の海岸線で,搦 (からみ) の地名が残っている。筑後川西岸の低湿地で,干拓地独特の景観をもつ。農業・水産業が主体で,ノリ養殖と加工,ウミタケ (特殊な貝の吸水管) の粕漬,カニ漬の特産がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわそえ【川副】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かわそえ【川副】
佐賀県南東端、有明海に臨む町。中世以来の大干拓地。屋根の中央がへこんだ漏斗谷じようごだにといわれる建物様式の家が多い。ノリの養殖・水産加工が盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

川副
かわそえ
佐賀県南東端、佐賀郡にあった旧町名(川副町(まち))。現在は佐賀市の南端を占める地域。旧川副町は1955年(昭和30)南川副町と、中川副、大詫間(おおだくま)の2村が合併して川副町と改称。1956年西川副村を編入。2007年(平成19)久保田、東与賀(ひがしよか)の2町とともに佐賀市に編入。JR佐賀駅からバスの便がある。有明(ありあけ)海湾奥部、筑後川(ちくごがわ)河口の福岡県境西側に広がる山のない干拓地。川副の名は中世の河副庄(しょう)に由来する。北端の南里(なんり)、米納津(よのつ)付近が鎌倉末期の海岸線とされ、籠(こもり)、搦(からみ)名などの干拓地が鱗(うろこ)状に開ける。江戸前期、筑後川河口中州に生成した干拓の大詫間島、大野島は、肥前(ひぜん)佐賀藩と筑後柳河(やながわ)藩の係争地ともなった。先端の平和搦、国造(こくぞう)干拓に、1998年(平成10)佐賀空港が開港した。沖合い一帯は有明海の代表的なノリ養殖漁場。ノリと米・麦作のほか、施設園芸、酪農など農業の多角化も目ざしている。県農業大学校、県農業試験場がある。早津江(はやつえ)は三重津(みえつ)海軍所が設けられた佐賀藩海軍ゆかりの地。中心集落の犬井道(いぬいどう)には海童神社がある。方形の屋根の中央が漏斗(ろうと)状にへこんだ「漏斗谷(じょうごだに)」の独特な民家が注目され、大詫間の山口家住宅は国指定重要文化財。[川崎 茂]
『『川副町誌』(1979・川副町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川副」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川副の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.