Rakuten infoseek

辞書

川内【かわうち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川内
かわうち
青森県北部,下北半島にある陸奥湾北岸,むつ市西部の旧町域。 1917年町制。 2005年むつ市に編入。林業が中心をなすが,湾内での漁業も盛んである。川内川支流の湯野川に臨んで,湯野川温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内
かわうち
愛媛県中部,松山平野東部にある地区。旧町名。 1955年川上村と三内村が合体して川内村となり,1956年中川村の一部を編入して町制。 2004年9月,重信町と合併し,東温市となる。柑橘類の栽培を中心に農林業が行なわれるが,近年電機製品などの工場が進出している。国道 11号線の整備などで,西部は松山市住宅地として特に発展。中心集落の川上は松山,新居浜面河を結ぶ交通の要地白猪滝,唐岬滝などの景勝地がある。お吉泉のオキチモズク発生地は天然記念物

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内
せんだい
鹿児島県北西部,薩摩川内市西部の旧市域。川内平野に位置する。 1940年市制。 1951年水引 (みずひき) 村,1956年高江 (たかえ) 村,永利 (ながとし) 村の2村,1957年下東郷村の一部,1965年高城 (たかじょう) 町をそれぞれ編入。 2004年樋脇町,入来町,東郷町,祁答院町,村,上甑村,下甑村,鹿島村と合体して薩摩川内市となった。中心市街地の川内は古代,薩摩国国府国分寺が置かれたところで,早くから川内川河港として発達。主要産業は農業と工業で,農産物は米,サツマイモ,ラッキョウ,ゴボウなどが多く,畜産も行なわれる。工業は窯業,製紙,食品が中心。川内港臨海地域には九州電力の原子力発電所と火力発電所があり,南九州のエネルギー供給基地となっている。薩摩国分寺跡は国の史跡。新田神社には国の重要文化財の銅鏡がある。また永利のオガタマノキは国の天然記念物。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内
せんだい
那珂型軽巡洋艦」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんだい【川内】
鹿児島県北西部、川内川下流にあった市。平成16年(2004)周辺町村と合併して薩摩川内(さつませんだい)市となる。→薩摩川内

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かわうち〔かはうち〕【川内】
福島県双葉郡にある村。阿武隈高地の中央部に位置し、村の約90パーセントを森林が占める。平伏(へぶす)モリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわうち【川内】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔宮城県〕川内(かわうち)

川内(かわうち)〔仙台市青葉区〕
川内(かわうち)〔柴田郡川崎町〕
川内(かわうち)〔黒川郡大郷町〕

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんだい【川内】
鹿児島県北西部の地名。瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が都を置いた地と伝えられ、奈良時代には薩摩国の国府・国分寺が置かれた。昭和一五年(一九四〇)市制。平成一六年(二〇〇四)周辺町村と合併して薩摩川内(さつませんだい)市となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川内の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.