Rakuten infoseek

辞書

川内川【せんだいがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

川内川
せんだいがわ
鹿児島県北西部を流れる川。全長 137km。九州山地南部,熊本県南東端の白髪岳の南部に発し,宮崎県の加久藤盆地から鹿児島県栗野盆地,大口盆地南西流,川内平野を貫流して東シナ海に注ぐ。筑後川に次ぐ九州第2の川。中流部に鶴田ダム (出力約 13万 kW) がある。下流域川内平野は,鹿児島県有数の米作地帯。流域には景勝地が多く,川内川流域県立自然公園に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せんだい‐がわ〔‐がは〕【川内川】
熊本・宮崎・鹿児島の3県を流れる川。熊本県南部、九州山地の白髪(しらが)岳(標高1417メートル)の南斜面に源を発し、宮崎県えびの市鹿児島県伊佐市などを流れて、薩摩川内(さつませんだい)市で東シナ海に注ぐ。長さ137キロ。筑後(ちくご)川に次ぐ九州第2の川。流域は東西に帯状に長く、山地が全体の8割近くを占める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せんだいがわ【川内川】
九州南西部を流れる川。熊本県南部,九州山地の白髪岳(1417m)の斜面に源を発し,宮崎県北西部から鹿児島県の北部を何回も方向を転じながら西方に流れ,川内市を貫流して東シナ海に注ぐ。幹川流路延長137km,全流域面積1600km2。上流から加久藤(かくとう)(えびの),栗野,菱刈大口宮之城(みやのじよう)の諸盆地が発達するが,各盆地の高低差が大きいため滝や早瀬各所にあり,また屈曲が著しいため水量は少ないがたびたびはんらんし,川内市の低地部や菱刈町の湯之尾温泉付近は水害常襲地であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せんだいがわ【川内川】
九州南部の白髪しらが岳付近を水源とし、宮崎県えびの市を経て鹿児島県北西部を西流し、薩摩川内さつませんだい市を通り東シナ海に注ぐ川。流域に川内川流域県立自然公園が広がる。長さ126キロメートル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔宮崎県(鹿児島県)〕川内川(せんだいがわ)

九州南部、宮崎県南西部から鹿児島県北西部に流れる川。1級河川(川内川水系)。延長137km。流域面積1600km2。筑後(ちくご)川に次ぐ九州第2の大河。九州山地南部の白髪(しらが)岳(標高1417m)に源を発し、霧島(きりしま)火山群北麓(ほくろく)の加久藤(かくとう)盆地から南西流して鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市で東シナ海に注ぐ。上流から加久藤・大口(おおくち)など高低差のある盆地や川内平野が断続、曲流が激しいため洪水が頻発する。中流に大規模な鶴田(つるだ)ダムがある。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

川内川
せんだいがわ
熊本県球磨(くま)郡の白髪岳(しらがだけ)(1417メートル)の南斜面に源を発し、宮崎県えびの市、鹿児島県伊佐(いさ)市などを経由し、鹿児島県薩摩川内(さつませんだい)市久見(ぐみ)崎で東シナ海へ注ぐ。一級河川。延長137キロメートル、流域面積1600平方キロメートルで九州第二の大河川である。流域内には、上流から加久藤(かくとう)、大口(おおくち)、宮之城(みやのじょう)、川内と盆地や平野が並ぶ。そのため川は著しく曲流しながら流下するので、各盆地はいずれも常襲的な洪水氾濫(はんらん)地域となっていた。1906年(明治39)の大水害をはじめとして、その後もあちこちで災害を受けている。この災害を防止する目的で大口盆地と宮之城盆地との間の狭窄(きょうさく)部に1966年(昭和41)に鶴田ダムが建設されたが、西日本最大といわれたこのダムをもってしても、災害はなお完全には防止されていない。かつては河川交通が行われたが、現在は薩摩川内市街地から下流12キロメートルまでがわずかに使われているにすぎない。流域は鹿児島県の川内川流域県立自然公園に指定されている。[塚田公彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川内川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

川内川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.