Rakuten infoseek

辞書

嵯峨院【さがいん】

世界大百科事典 第2版

さがいん【嵯峨院】
京都の西,嵯峨に設けられた嵯峨上皇の別荘。嵯峨山荘,嵯峨別館などとも呼ばれた。大覚寺の前身。嵯峨天皇は唐風文化の興隆につとめたが,みずからは風流を好み,晩年を嵯峨院で送った。嵯峨院の名は在位中の文献に見え,帝位にあるときに離宮として設営され,文人たちを召して詩賦を催したりしている。823年(弘仁14)に譲位した後,834年(承和1)嵯峨院内に新造御所を造営し,それまで後院(ごいん)としていた冷泉院からここに移り,8年後の842年にここで没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

嵯峨院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

嵯峨院の関連情報

他サービスで検索

「嵯峨院」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.