Rakuten infoseek

辞書

崇徳天皇【すとくてんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

崇徳天皇
すとくてんのう
[生]元永2(1119).5.28. 京都
[没]長寛2(1164).8.26. 讃岐
第 75代の天皇 (在位 1123~41) 。名は顕仁 (あきひと) 。鳥羽天皇の第1皇子,母は中宮待賢門院藤原璋子。保安4 (23) 年即位したが,白河法皇,次いで鳥羽上皇が院政をとった。鳥羽上皇は永治1 (41) 年崇徳天皇を退位させて寵妃美福門院藤原得子の子体仁 (なりひと) 親王を近衛天皇とし,鳥羽法皇を本院,崇徳上皇を新院と称し,政令は本院から出した。久寿2 (55) 年近衛天皇が崩御すると,上皇はその子重仁親王を推したが,美福門院が鳥羽法皇をはかって上皇の弟後白河天皇を立てた。このため保元1 (56) 年法皇の死を機として上皇は,左大臣藤原頼長らとはかり後白河天皇を襲った (→保元・平治の乱 ) が,敗れて讃岐に流された。陵墓は香川県坂出市青海町白峰陵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すとく‐てんのう〔‐テンワウ〕【崇徳天皇】
[1119~1164]第75代天皇。在位1123~1142。鳥羽天皇の第1皇子。名は顕仁(あきひと)。鳥羽法皇の死後後白河天皇と争い、保元の乱に敗れて讃岐(さぬき)に流された。讃岐院。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

崇徳天皇 すとくてんのう
1119-1164 平安時代後期,第75代天皇。在位1123-42*。
元永2年5月28日生まれ。鳥羽(とば)天皇の第1皇子。母は藤原璋子(待賢門院)。父の譲位により5歳で即位。実は白河法皇の皇子といわれ,院政をしく鳥羽法皇の意向で,3歳の異母弟近衛(このえ)天皇に譲位させられた。近衛天皇の死後は同母弟の後白河天皇と対立,敗れて讃岐(さぬき)に流された(保元(ほうげん)の乱)。長寛2年8月26日配所で死去。46歳。死後,怨霊(おんりょう)としておそれられた。墓所は白峯陵(しらみねのみささぎ)(香川県坂出市)。諱(いみな)は顕仁(あきひと)。別名に讃岐院。
【格言など】瀬を早み岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

すとくてんのう【崇徳天皇】
1119‐64(元永2‐長寛2)
第75代に数えられる天皇。在位1123‐41年。鳥羽天皇第1皇子,母は中宮璋子(待賢門院,藤原公実女,白河院養女),実は鳥羽の祖父白河院が璋子に生ませた子といわれる。諱(いみな)は顕仁。1123年(保安4)白河の意向で鳥羽の譲りをうけて即位したが,白河が没し鳥羽院政の時代に入ると両者の対立が生じた。41年(永治1)異母弟(美福門院得子所生)の近衛天皇に譲位。55年(久寿2)同天皇が17歳で没すると,璋子が生んだ後白河天皇が即位。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すとくてんのう【崇徳天皇】
1119~1164) 第七五代天皇(在位1123~1141)。名は顕仁あきひと。鳥羽天皇第一皇子。鳥羽上皇の圧力で異腹の近衛天皇に譲位、新院と称した。のち保元の乱を起こし、讃岐さぬきに配流され、同地で没した。墓を白峰しらみね陵という。讃岐院。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

崇徳天皇
すとくてんのう
(1119―1164)
第75代とされる天皇(在位1123~41)。名は顕仁(あきひと)。鳥羽(とば)天皇第一皇子。母は待賢門院(たいけんもんいん)藤原璋子(しょうし)。元永(げんえい)2年5月28日誕生。実父は鳥羽の祖父白河院(しらかわいん)で、鳥羽は崇徳のことを「叔父子(おじご)」とよんでいたといわれる(『古事談』)。1123年(保安4)5歳で立太子、即日鳥羽より譲位。1141年(永治1)3歳の皇太弟体仁(なりひと)親王(近衛(このえ)天皇)に譲位。しかし院政は鳥羽がとり続け、1155年(久寿2)後白河(ごしらかわ)即位により崇徳第一皇子重仁(しげひと)親王即位の望みも断たれた。失意のなかで翌1156年(保元1)藤原頼長(よりなが)と組み保元(ほうげん)の乱を起こしたが敗れて讃岐(さぬき)(香川県)に流される。長寛(ちょうかん)2年8月26日配所で没す。そのため讃岐院ともよばれる。陵墓は香川県坂出(さかいで)市の白峰(しらみね)陵。[飯田悠紀子]
『角田文衛著『王朝の映像』(1970・東京堂出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

崇徳天皇 (すとくてんのう)
生年月日:1119年5月28日
平安時代後期の第75代の天皇
1164年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すとく‐てんのう ‥テンワウ【崇徳天皇】
第七五代とされる天皇。鳥羽天皇の第一皇子。母は中宮藤原璋子。名は顕仁。保安四年(一一二三)即位。永治元年(一一四一)父上皇の寵妃美福門院の子近衛(このえ)天皇への譲位をしいられて退位。藤原頼長と組み保元の乱(一一五六)を起こしたが、敗れて讚岐国(香川県)に配流。世に讚岐院という。元永二~長寛二年(一一一九‐六四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

崇徳天皇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

崇徳天皇の関連情報

関連キーワード

カリクスツス2世ウォルムス協約士別[市]大炊御門経宗輔仁親王賀茂重保行恵頼助(1)

他サービスで検索

「崇徳天皇」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.