Rakuten infoseek

辞書

島津斉彬【しまづ なりあきら】

美術人名辞典

島津斉彬
幕末の鹿児島藩主。号は惟敬・麟洲、謚号を順聖院。斉興の子。藩政改革・富国強兵策を推進。反射炉や機械制工業を他藩にさきがけて経営し、それらを一括して集成館を設立した。また開国の意見を抱き軽輩より西郷隆盛大久保利通等の英才を抜擢し、明治維新先駆をなした。その卓越した識見は、松平春嶽より「英明近世の第一人者」と称された。安政5年(1858)歿、50才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しまづ‐なりあきら【島津斉彬】
[1809~1858]江戸末期の薩摩藩主。早くから西洋文明に関心を抱き、開国・殖産興業幕府に提言した。将軍継嗣問題にあたり、一橋慶喜(ひとつばしよしのぶ)を擁立して井伊直弼(いいなおすけ)と対立。藩内でも紡績機械・反射炉などを設置し、殖産を奨励した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島津斉彬 しまづ-なりあきら
1809-1858 幕末の大名。
文化6年9月28日生まれ。島津斉興(なりおき)の長男。嘉永(かえい)4年(1851)薩摩(さつま)鹿児島藩主島津家11代となる。藩営の工場集成館を設立し,殖産興業,富国強兵策をすすめる。養女篤姫(あつひめ)(天璋院)を将軍徳川家定の正室にして,幕府への発言力をつよめる。将軍継嗣問題では西郷隆盛らをもちいて一橋慶喜(よしのぶ)擁立運動をすすめたが,安政5年7月16日急死。50歳。初名は忠方。通称は又三郎。号は惟敬,麟洲。
【格言など】勇断なき人は事を為すこと能(あた)わず(「斉彬公言行録」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しまづなりあきら【島津斉彬】
1809‐58(文化6‐安政5)
幕末の薩摩藩主。斉興の子。世子時代から英明をうたわれ,戸塚静海,高野長英をはじめ当時一流の洋学者に洋書の翻訳や講説をさせ,また徳川斉昭,松平慶永や老中阿部正弘らと親交を結び,その政治的見識を高く買われた。お由羅騒動を経て,1851年(嘉永4)襲封し,殖産興業策として,西洋型帆船・蒸気船の建造,反射炉・鑽開台・溶鉱炉の建設と銃砲・弾薬・地雷・水雷・綿火薬・硫酸・硝酸・塩酸の造兵工業から,ガラス・陶磁器・ハゼ蠟・農具の製造,水車動力利用の洋式紡織など万般にわたり毎日1200人もの従業員を擁する総称〈集成館事業〉を興した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しまづなりあきら【島津斉彬】
1809~1858) 江戸末期の薩摩藩主。1851年異母弟久光をおさえて藩主となり、殖産興業、洋式兵備の充実を図り、短期間に反射炉や軍艦を造り、紡績機械を積極的に輸入した。将軍継嗣問題では一橋派に属した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島津斉彬
しまづなりあきら
[生]文化6(1809).9.28. 江戸
[没]安政5(1858).7.16. 鹿児島
幕末の薩摩藩主。藩主斉興の長男。お由良騒動 (→高崎崩れ ) の末,嘉永4 (1851) 年2月襲封。早くから聡明の聞えが高く,和漢洋の学問に秀でていた。島津家 24代の藩主重豪 (しげひで) の治績を継いで西郷吉之助 (隆盛) ,大久保一蔵 (利通) ら下級武士を藩政に登用し,財政改革に尽力。またペリー来航による国内不安に際し,幕府に対する強い発言力をもって開国と海防の要を説いた。藩内に集成館を設立して洋式科学の導入に努め,大砲をはじめ,ガラス,写真など後世の殖産興業の基礎となった化学器械の製造を行わせた。城内に電信を架設し,また洋式軍艦を建造し,日章旗を日本総国船印として幕府に認めさせるなど,啓蒙君主としてのめざましい治績を残したが,コレラにかかって急死した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

島津斉彬
しまづなりあきら
(1809―1858)
江戸末期の薩摩(さつま)藩主。斉興(なりおき)の長男。文化(ぶんか)6年9月28日江戸に生まれる。異母弟久光を推す一派との家督争い(お由良(ゆら)騒動)を経て1851年(嘉永4)43歳で藩主となった。その間曽祖父重豪(そうそふしげひで)の感化もあって洋学に傾倒し、蘭医(らんい)シーボルトに会見、川本幸民(こうみん)、箕作阮甫(みつくりげんぽ)、高野長英(ちょうえい)、杉田成卿(せいけい)その他の洋学者に洋書の講読、翻訳をさせ、自らも蘭語を学び西洋文化の研究を行った。その知見を買われて世子時代、琉球(りゅうきゅう)への英仏船来航、宣教師居住などの外交問題処理のため、帰国を命ぜられた。藩主就任後は洋学研究の成果を洋式産業の採用に結集させた。まず反射炉の建設に着手したが容易に成功せず、それにひるんだ家臣に対し斉彬は「西洋人も人なり、佐賀人も人なり、薩摩人も同じく人なり、退屈せずますます研究すべし」と励まし、ついに成功させたという。日本では当時佐賀だけに反射炉が建設されていた。このほか鑽開台(さんかいだい)、溶鉱炉その他各種の洋式工場をつくり、57年(安政4)集成館と命名した。ここでは大小砲銃をはじめ弾丸、火薬、綿火薬、農具、刀剣、陶磁器、各種ガラスなどを製造、また製紙、搾油、洋式朱粉、アルコール、金銀分析、めっき、硫酸など各種酸類、塩など製造品目は多方面にわたり、従業の職工、人夫は1日に1200人を超えたという。また造船に意を用い、洋式帆船いろは丸、洋式軍艦昇平丸、蒸気船雲行丸など洋式艦船の建造を行い、さらに幕府に大船建造の解禁ならびに日章旗を日本の総船章とすることを建議して採用された。
 これらはいずれも当時日本をめぐる国際情勢について斉彬が明確な認識をもっていたからで、また徳川斉昭(なりあき)や松平慶永(よしなが)、山内容堂(ようどう)、伊達宗城(だてむねなり)や幕閣の阿部正弘(まさひろ)ら当代一流の人物と親交があり、外交問題については開国的意見をもち、将軍継嗣(けいし)問題では一橋慶喜(よしのぶ)を推していた。しかし不運にも、安政(あんせい)5年7月16日鹿児島で急死した。照国(てるくに)神社に祀(まつ)り、墓は鹿児島市島津家墓地にある。[芳 即正]
『池田俊彦著『島津斉彬公傳』(1954・岩崎育英奨学会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

島津斉彬 (しまづなりあきら)
生年月日:1809年9月28日
江戸時代末期の大名
1858年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津斉彬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津斉彬の関連情報

他サービスで検索

「島津斉彬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.