Rakuten infoseek

辞書

島津久光【しまづ ひさみつ】

美術人名辞典

島津久光
幕末・明治の政治家。薩摩藩主島津斉興の三男。島津斉彬は異母兄。初名は忠教、幼名は普之進・又次郎。号は頑古道人・大簡等。兄斉彬の遺命で子忠義が藩主の座につき、久光は国父として藩政実権を掌握する。公武合体周旋のため兵を率いて入京し、寺田屋騒動では藩内尊攘派を武力鎮圧した。さらに勅使大原重徳を奉じて江戸に向かい幕政改革を実行した。新政府では左大臣に任じられる。明治20年(1887)歿、71才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しまづ‐ひさみつ【島津久光】
[1817~1887]江戸末期の政治家。薩摩(さつま)の人。斉彬(なりあきら)の異母弟。忠義の父。斉彬の死後、子の忠義が藩主となったのちは藩政の実権を握った。藩内尊攘(そんじょう)派を弾圧して公武合体に奔走。明治7年(1874)左大臣になったが、まもなく帰国して隠退

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島津久光 しまづ-ひさみつ
1817-1887 幕末-明治時代の武士。
文化14年10月24日生まれ。島津斉興(なりおき)の5男。母はお由羅。薩摩(さつま)鹿児島藩重富領主。異母兄斉彬(なりあきら)の遺命で子の忠義が鹿児島藩主となると,本家に復帰して国父とよばれ藩政の実権をにぎる。文久2年(1862)兵をひきいて京都にはいり,藩の尊攘(そんじょう)過激派を弾圧(寺田屋事件)。また,勅使大原重徳(しげとみ)を奉じて江戸に行き幕政改革を実施させるなど,公武合体運動をすすめる。帰途,生麦事件が発生し,薩英戦争をまねいた。維新後,内閣顧問・左大臣に就任したが,保守的意見がいれられず,明治8年隠退した。明治20年12月6日死去。71歳。初名は忠教。通称は又次郎。号は双松など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しまづひさみつ【島津久光】
1817‐87(文化14‐明治20)
幕末の薩摩藩主忠義の実父。父は斉興(なりおき),母は側室お由羅。1858年(安政5)兄斉彬(なりあきら)の遺命で忠義が襲封すると後見となり,藩政の実権を握る。62年(文久2)大兵を率いて上京し,斉彬の遺志を継ぎ公武合体運動を展開。有馬新七ら尊攘派を鎮圧し(寺田屋事件),勅使大原重徳を奉じて江戸に下り,幕政改革を求め成功した。帰途生麦事件が起こり,翌年7月薩英戦争となった。文久3年8月18日の政変には会津と結んで長州藩,尊攘派公家を朝廷から追放し,朝議参与となり公武合体の政治を遂行しようとして失敗。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しまづひさみつ【島津久光】
1817~1887) 幕末・維新期の政治家。薩摩の人。斉彬の異母弟。藩主忠義の父として藩政の実権を握り、寺田屋で尊攘派を弾圧。また、幕政改革のため、勅使大原重徳を奉じて江戸に入り、その帰途、生麦事件をひきおこした。禁門の変以後、公武合体派の主柱。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島津久光
しまづひさみつ
[生]文化14(1817).10.20. 鹿児島
[没]1887.12.6. 鹿児島
江戸時代後期の薩摩藩主忠義の父。斉興の5男。幼名普之進,のち又次郎,山城,周防,和泉など。叟松,頑古道人と号した。お由良騒動 (→高崎崩れ ) で異母兄斉彬に敗れ,一時重富家を継いだが,斉彬の死後実子の忠義が藩主になるに及んで宗家に帰り,「国父」として藩政の実権を握り,また国事に活躍。文久2 (1862) 年3月藩兵を率いて上洛,幕政改革を朝廷に建白,寺田屋騒動で尊攘派志士を弾圧,一方勅使大原重徳を擁して東下し,幕政改革を幕府に迫り,朝幕の妥協による公武合体を主張した。文久三年八月十八日の政変で長州尊攘派が京都から追放されたあと朝廷で重んじられ,元治1 (64) 年一橋慶喜らと幕政,朝政に参与として加わり活躍したが,やがて西郷隆盛,大久保利通らの王政復古への指導権の強まるなかで藩地に隠退,征韓論の分裂で西郷らが下野し,中央政府が弱体化すると請われて 1873年 12月内閣顧問,翌年4月には左大臣に就任したが,封建的思想から抜けきれず,西洋心酔に反対し,また強い排外論者でもあったため用いられず,76年,辞官した。 84年公爵。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

島津久光
しまづひさみつ
(1817―1887)
幕末・明治初期の政治家。文化(ぶんか)14年10月24日、薩摩(さつま)島津氏27代当主斉興(なりおき)の三男に生まれた。母は側室お由良(ゆら)。山城(やましろ)、周防(すおう)、和泉(いずみ)、三郎などと称した。一門重富(しげとみ)島津家を嗣(つ)ぐ。1858年(安政5)長男茂久(もちひさ)(のち忠義(ただよし)と改名)が29代当主となったので、久光が藩政の実権を握った。1861年(文久1)宗家に復帰、1862年朝廷(公)と幕府(武)との政治的対立を調停して開国後の内外危機に対応できる体制を造出する目的で公武合体運動に着手、勅使大原重徳(おおはらしげとみ)を擁して幕政改革を実現し一躍名声をあげた。その間、藩内尊攘(そんじょう)激派を弾圧(寺田屋事件)。幕末政局には反幕諸侯グループのリーダーとして活躍した。1862年には久光の行列をめぐる生麦(なまむぎ)事件が発生、薩英戦争に発展した。維新後は旧公家(くげ)・大名勢力の中心的存在となり、1873年(明治6)内閣顧問、1874年左大臣となったが1875年辞任。以後、修史の業に従事し、1884年公爵。明治20年12月6日病死し国葬となった。[毛利敏彦]
『日本史籍協会編『島津久光公実紀』全3巻(2000・東京大学出版会) ▽町田明広著『島津久光=幕末政治の焦点』(講談社選書メチエ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島津久光」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島津久光の関連情報

他サービスで検索

「島津久光」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.