Rakuten infoseek

辞書

島木赤彦【しまき あかひこ】

美術人名辞典

島木赤彦
歌人。長野県生。本名は久保田俊彦別号に柿の村人・山百合。長野師範卒。伊藤左千夫師事、「アララギ」に参加し作歌に努めた。歌集歌論集等著書も多い。大正15年(1926)歿、51才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

しまき‐あかひこ【島木赤彦】
[1876~1926]歌人。長野の生まれ。本名、久保田俊彦。伊藤左千夫に師事し、「アララギ」を編集。初め万葉風と写生とを強調、のち東洋的な象徴主義を目ざした。歌集「氷魚(ひお)」「太虗(たいきょ)集」「柹蔭(しいん)集」、歌論「歌道小見」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

島木赤彦 しまき-あかひこ
1876-1926 明治-大正時代の歌人。
明治9年12月17日生まれ。故郷長野県の小学校教員,校長をつとめながら,伊藤左千夫にまなぶ。大正3年上京し,斎藤茂吉らと「アララギ」を編集。「万葉集」を研究し,作歌信条として写生道と鍛錬道を説いた。大正15年3月27日死去。51歳。長野師範卒。本名は久保田俊彦。旧姓は塚原。号は柿の村人など。著作に「歌道小見」,歌集に「切火」「氷魚(ひお)」「太虗(たいきょ)集」など。
【格言など】隣室に書(ふみ)よむ子らの声きけば心に沁(し)みて生きたかりけり(死の直前の歌)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

デジタル大辞泉プラス

島木赤彦
上田三四二による文芸評論アララギ派の歌人、島木赤彦について論ずる。1986年刊。同年、第39回野間文芸賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しまぎあかひこ【島木赤彦】
1876‐1926(明治9‐昭和1)
明治・大正期の歌人。本名久保田俊彦。旧姓塚原。号は柿蔭山房(しいんさんぼう)主人など。長野県生れ。長野師範卒。小学校長など歴任ののち《アララギ》の編集に専念した。早く新体詩や和歌をつくったが,1900年正岡子規の選歌に入選,05年には詩歌集《山上湖上》(太田水穂との合著)を刊行した。09年それまで出していた《比牟呂(ひむろ)》を《アララギ》に合併,以後同派の有力歌人として活躍。14年上京してその編集と経営に力を傾け,《アララギ》の歌壇的進出に大きく寄与した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しまきあかひこ【島木赤彦】
1876~1926) 歌人。長野県生まれ。本名、久保田俊彦。長野師範卒。アララギ派に属し、伊藤左千夫に師事。近代感覚の主情的な作風を示すが、後年、生命感の表現を写生道に見、東洋的な自然詠へと歌境を深めた。歌集「切火」「氷魚」「太虗集」、歌論「歌道小見」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島木赤彦
しまきあかひこ
[生]1876.12.17. 長野,上諏訪
[没]1926.3.27. 上諏訪
歌人。本名,久保田俊彦。別号,山百合,柿の村人など。 1898年長野師範学校卒業。小学校教員をしながら 1905年太田水穂との合著詩歌集『山上湖上』に新体詩を発表。一方,03年雑誌『氷むろ』 (のち『比牟呂』) を創刊して写実主義短歌を制作。のち伊藤左千夫に師事して 09年『アララギ』に合流した。 14年上京して左千夫,長塚節没後の『アララギ』の編集にあたり,斎藤茂吉とともに短歌における写生を強調し,鍛練道を主張して教育者的傾向を示した。統率力にすぐれ,万葉風の真実,率直なうたいくちを鼓吹して『アララギ』派を歌壇の主流に育成した。『馬鈴薯の花』 (1913,中村憲吉との共著歌集) ,『切火』 (15) ,『氷魚 (ひお) 』 (20) ,『太きょ (たいきょ) 集』 (24) ,『柿蔭 (しいん) 集』 (26) などの歌集のほか,歌論『歌道小見』 (24) がある。なお教育への関心も強く,雑誌『信濃教育』の編集を兼任 (17~20) したり『赤彦童謡集』 (22) を著わしたりした。『万葉集の鑑賞及び其批評』 (上巻,25) を未完のままで没した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しまき‐あかひこ【島木赤彦】
歌人。本名久保田俊彦。長野県出身。明治三六年(一九〇三)「比牟呂(ひむろ)」を創刊。短歌・歌論を発表。伊藤左千夫に師事し、「比牟呂」を「アララギ」に合併。斎藤茂吉らと「アララギ」の編集に従い、その中心的歌人となる。「写生」の理論をもとに万葉の精神にささえられた歌風を確立。鍛錬道を唱えた。歌集に「切火」「太虗集」「柹蔭集(しいんしゅう)」、また歌論に「歌道小見」など。明治九~大正一五年(一八七六‐一九二六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島木赤彦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島木赤彦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.