Rakuten infoseek

辞書

島々【しましま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

島々
しましま
長野県中西部,松本市西部の飛騨山脈東斜面にある集落。梓川とその支流島々谷川との合流点にある谷口集落で,周辺部の商業中心地近世飛騨街道 (野麦街道) が通り,また 1933年上高地への自動車道が開通するまでは徳本 (とくごう) 峠を越えて槍ヶ岳方面に向かう登山路の入口にあたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しましま【島々】
長野県松本市西部の地名上高地への入り口にあたり、北アルプス登山の中継点。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しまじま【島々】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

島々
しましま
長野県中西部、松本市(まつもとし)安曇(あずみ)地区の中心集落。梓川(あずさがわ)渓谷の出口にあたり、近世は飛騨(ひだ)へ通じる野麦街道に沿い番所が置かれた。1933年(昭和8)上高地への車道が完成するまでは北アルプスへの登山口であった。[小林寛義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しましま【島々】
長野県松本市西部の地名。梓(あずさ)川に沿う渓口集落で、上高地・北アルプスへの入り口。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

島々」の用語解説はコトバンクが提供しています。

島々の関連情報

他サービスで検索

「島々」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.