Rakuten infoseek

辞書

岳王廟【がくおうびょう】

世界の観光地名がわかる事典

がくおうびょう【岳王廟】
中国の浙江(せっこう)省の杭州(ハンチョウ)市にある西湖北岸に建つ、岳王(鄂王、岳鄂王)の廟堂。岳王は、攻め寄せる金と戦った南宋の武将・岳飛(1103~1141年)の別称で、三国時代の蜀の武将・関羽とともに、漢民族の英雄とされている人物である。岳飛は勢力拡大を恐れた南宋の宰相秦桧に謀殺され、罪人となる悲劇の最期を遂げる。その名誉回復は、彼の死後20年を経た後のことだった。ここは、元々は智化寺という寺院があった場所で、獄卒が岳飛の遺体を密かに運び出して埋めたといわれる。◇岳王廟は1918年に建設されたが、文化大革命の時期に徹底的に破壊された。現在の廟堂は、1979年に再建されたものである。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がくおうびょう【岳王廟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

岳王廟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岳王廟の関連情報

他サービスで検索

「岳王廟」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.