Rakuten infoseek

辞書

【クキ】

デジタル大辞泉

くき【×岫】
山の洞穴。
「骨(かばね)、巌(いはほ)の―に積みたり」〈欽明紀〉
山の峰。
「玉釧(たまくしろ)まき寝し妹(いも)を月も経ず置きてや越えむこの山の―」〈・三一四八〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くき【岫】
山のほら穴。 其の鳥は須弥山しゆみせんの片-に巣を咋ひて/今昔 3
山の峰。 新撰字鏡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くき【岫】
〘名〙
① 山の斜面やがけにあるほらあな。
書紀(720)仲哀八年正月「皇后(きさいのみや)は別船にめして洞海〈洞、此には久岐(クキ)と云ふ〉より入りたまふ」
山頂。山の峰。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
[補注](1)「草くき」「かやくき」とともに動詞「くく」「たちくく」「とびくく」と関係づけて、「潜る」「漏れる」の意から「穴」をいうとされる。
(2)「岫」の字は、「説文」「爾雅」に「山有穴」とあって穴のある山の意であるが、「巖穴」をいうとの注もある。なお、「景行紀」「欽明紀」に見られる「峯岫」「巖岫」を古訓でミネクキ、イハクキと訓んでいる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅう シウ【岫】
〘名〙 山のほら穴。岩穴。
※即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉古祠・瞽女「烟は岫(シウ)を出づる雲の如く」 〔陶潜‐帰去来辞〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.