Rakuten infoseek

辞書

岩質【がんしつ】

岩石学辞典

岩質
岩石の性質,特に岩石標本および野外の露頭で識別できる性質を記載するために用いられた語.この語は火成岩に関する岩石学あるいは記載岩石学ではすたれかかっている.フランスでは未だに使用されている.ギリシャ語のlithosは石のこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩質
がんしつ
岩石の諸性質を総合的にいうことば。岩石は化学組成、鉱物組成、組織などで特徴づけられ、これらがすべて同じであるときには岩質が同じであるという。とくに組織は重要で、同じ鉱物からできていても、細粒のものと粗粒のもの、または片理のあるものなどは岩質が異なる。岩質は離れた地点間での地層の対比などに役だつ。[橋本光男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩質」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩質の関連情報

他サービスで検索

「岩質」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.