Rakuten infoseek

辞書

岩田遺跡【いわたいせき】

防府市歴史用語集

岩田遺跡
 熊毛郡平生町熊毛半島の海岸近くにある縄文時代から古墳時代にかけての生活の跡です。縄文時代の住居の跡や木の実が入っていた貯蔵穴[ちょぞうけつ]などが見つかったほかに、土偶[どぐう]も見つかりました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわたいせき【岩田遺跡】
山口県熊毛郡平生町にある縄文時代の中期から弥生時代の前期におよぶ遺跡で,中心は縄文時代後期後半と晩期前半にある。瀬戸内海に突出する熊毛半島西岸の小扇状地と旧浜堤に立地し,遺物を出土する範囲は約6000m2におよぶ。1952年から8次にわたる調査の結果,扇状地の上手は当時の住居地帯と推定され,旧浜堤では縄文晩期土器を使用した乳幼児の埋葬,扇状地末端の湧水地区では地面を掘りこんだ木の実類の貯蔵庫群が検出された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

岩田遺跡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩田遺跡の関連情報

他サービスで検索

「岩田遺跡」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.