Rakuten infoseek

辞書

岩田帯【イワタオビ】

デジタル大辞泉

いわた‐おび〔いはた‐〕【岩田帯】
妊婦が腹部に巻く白布。妊娠5か月目の(いぬ)の日から着用する習慣がある。腹帯わだおび。
[補説]「ゆはだおび(結肌帯斎肌帯)」からじたという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわたおび【岩田帯】
妊婦が妊娠5ヵ月目ころからつける腹帯で,肌帯(いはだおび)というのが原義である。この帯には胎児や妊婦の保護のほか,信仰的な意味もある。着帯の時期は妊娠5ヵ月目の戌(いぬ)の日が普通だが,妊娠3ヵ月目とか7ヵ月目の所もあり一定していない。戌の日をえらぶのは,犬が多産で産が軽いと信じられたからである。斎肌帯の斎とは忌のことであり,着帯のときから産の忌に入ることを意味した。この帯は嫁の実家から米や小豆とともに贈られることが多く,帯をつける日には仲人や近親者を招いて赤飯を炊いて祝う風もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いわたおび【岩田帯】
斎肌いはだ帯の意か
妊婦が腹部を保温・保護し、胎児の位置の正常を保つため腹に巻く帯。多くはさらしを用い、妊娠五か月の戌いぬの日からしめる習慣がある。腹帯。結肌帯ゆわたおび

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩田帯
いわたおび
妊婦が身に着ける腹帯のこと。岩田帯の語が民間で使われるようになったのは新しく、かつ一部の人々に限られていたようで、一般には単にオビとかハラオビとよばれていた。これを締めるのは、5か月目の戌(いぬ)の日というのが、広く行われている習慣であるが、6か月、7か月目に締めるという地域もかなりある。歴史的には平安時代からあったとされ、従来生理的効果だけが取り上げられているようだが、この帯の意義はむしろ精神的、信仰的な考え方が強かったようで、妊娠の忌みに入るのもこれを締める時期からである。妊婦自身が生活のすべての面に慎みの心をもって注意深い生活に入る時点でもあった。昔から言い伝えられた日常生活のなかの行為や、食物の禁忌も多かったし、神詣(もう)でなども遠慮しなければならなかった。[丸山久子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いわた‐おび いはた‥【岩田帯】
〘名〙 妊娠五か月めに、腹部の保温、保護と胎児の位置を正常に保つ目的で腹にまく白布。一般に五か月めの戌(いぬ)の日に着ける。縁起のよい数とされる「五」と、多くの子を安産する犬にあやかるためといわれる。
※匠材集(1597)一「いはたおひ 女のはだへにする帯也。又はらみたる時はだへにするともいふ」
[補注]ユワタオビからの転ともいうが、イワタオビの形が一六世紀末まで溯れるのに対し、ユワタオビは一八世紀以後の例しか確認できないので疑問。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩田帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩田帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.