Rakuten infoseek

辞書

岩津ねぎ

デジタル大辞泉プラス

岩津ねぎ
兵庫県朝来市で生産されるネギ江戸時代に生野代官所の役人が、京都から「九条ねぎ」の種子を持ち帰ったのが起源とされる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

岩津ねぎ[葉茎菜類]
いわつねぎ
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
朝来市で製作されている。江戸時代、生野銀山の役人が京都からねぎの種子を持ち帰って栽培したのが始まりという。根深ねぎと葉ねぎの兼用種。耐寒性に優れ、葉・軟白部とも余すところなく食べられる。ひょうごの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩津ねぎ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩津ねぎの関連情報

他サービスで検索

「岩津ねぎ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.