Rakuten infoseek

辞書

岩橋千塚【いわせせんづか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岩橋千塚
いわせせんづか
和歌山市和佐関戸を中心として存在する大古墳群。古墳時代前期末から7世紀初めにわたる間に築造されたもので,総数 500基をこす。特に石室の構造の点で近畿地方のほかの地域のものと異なり注目される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いわせせんづか【岩橋千塚】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

岩橋千塚
いわせせんづか
和歌山市岩橋にある5世紀初頭から7世紀末までの約600基の大古墳群。紀ノ川南岸の岩橋山塊にあり、花山(はなやま)、大谷山(おおたにやま)、岩橋前山、井辺(いんべ)前山の丘陵順に盟主的な前方後円墳の築造の分布が移る。岩橋千塚はその総称である。古墳群の初期となる花山8号墳は粘土槨(ねんどかく)であったが、6世紀以後、大谷山22号墳のように前方後円墳の造り出しに形象埴輪(はにわ)を樹立させ、いち早く緑色片岩による棚、梁(はり)付きの横穴式石室を築く。副葬品も垂下式耳飾などの装身具、装飾付き須恵器(すえき)など朝鮮半島文化の影響を強く受けている。6世紀中ごろになると、岩橋前山の尾根筋に将軍塚古墳、郡長塚古墳、天王塚古墳が並び、天王塚古墳玄室は棚と8本の梁によって天井の高さ5.9メートルまで奥壁を垂直に積み上げる。金銅製冠断片、装飾付き須恵器など古墳群の最盛期を迎える。6世紀末から7世紀にかけて古墳数は減少し、井辺1号墳のように、前方後円墳にかわって大型の方墳が築かれる。被葬者を紀伊国造(きいのくにのみやつこ)家とする説がある。明治年間以来、3期の調査によって主要部分の概要が明らかとなった。その後、古墳群は「紀伊風土記(ふどき)の丘」として整備されている。1931年(昭和6)国の史跡に指定、52年に特別史跡に指定された。[猪熊兼勝]
『末永雅雄他著『岩橋千塚』(1967・和歌山市教育委員会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩橋千塚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩橋千塚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.