Rakuten infoseek

辞書

岩屑流【ガンセツリュウ】

デジタル大辞泉

がんせつ‐りゅう〔‐リウ〕【岩×屑流】
岩石の破片土壌などが空気と混合して一気に斜面を流れ下る現象山体崩壊に伴って発生する。流水と混合する土石流高温火山ガスと混合する火砕流と区別される。岩屑なだれ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

岩屑流
堆積物と流体の混合物の流れで,流れは流体と細粒の堆積物マトリクスに関係する.マトリクスは有限降伏応力(yield strength)があり,大きな粒子を支えて重力によって移動する.岩屑流の例は泥流(mud flow)[Johnson : 1970].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんせつりゅう【岩屑流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

岩屑流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岩屑流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.