Rakuten infoseek

辞書

岡田武松【おかだたけまつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

岡田武松
おかだたけまつ
[生]1874.8.17. 千葉布佐
[没]1956.9.2. 千葉,布佐
気象学者。1899年東京帝国大学物理学科卒業後,中央気象台に勤務し,1904年予報課長。1920年神戸の海洋気象台台長を経て,1923~41年中央気象台台長。1931年帝国学士院会員。1949年文化勲章受章。日本の近代気象学,気候学の発展に大きな貢献をした。日本の気象事業確立者であり,気象学の普及にも貢献。『梅雨論』On the Baiyu or Rainy Season,『日本気候論』Climate of Japanなどのほか,『気象学』『気候学』『気象学講話』『雨』『理論気象学』をはじめ解説書も多く,海洋学,地震学,地球電磁気学など地球物理学の分野でも業績をあげた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おかだ‐たけまつ〔をかだ‐〕【岡田武松】
[1874~1956]気象学者。千葉の生まれ。長く中央気象台長を務め、日本の気象観測制度を確立。文化勲章受章。「日本気候論」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

岡田武松 おかだ-たけまつ
1874-1956 明治-昭和時代の気象学者。
明治7年8月17日生まれ。中央気象台(現気象庁)にはいり,予報課長として日露戦争日本海海戦時の気象予報を担当。大正12年台長となり地震観測網整備,航空気象・海洋観測法の確立など気象事業の整備につとめた。昭和24年文化勲章。昭和31年9月2日死去。82歳。千葉県出身。東京帝大卒。著作に「気象学」「気象学講話」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

おかだたけまつ【岡田武松】
1874‐1956(明治7‐昭和31)
気象学者。第4代中央気象台台長。千葉県布佐生れ。1899年に東京帝国大学理科大学物理学科を卒業,ただちに中央気象台に入った。1904年には予報課長となり,日本海海戦のおりの天気予報を出した。20年には神戸に海洋気象台を創設し,その台長となり,23年には中央気象台台長となり,41年まで在職した。行政的手腕に優れ,1910年には諸外国に先がけ,無線による海上気象電報の交換をはじめるなど,日本の気象事業の発展につくし,日本の海洋学,地震学の発展にも貢献した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おかだたけまつ【岡田武松】
1874~1956 気象学者。千葉県生まれ。東大卒。中央気象台長。富士山などの山頂観測所の設置、地震観測網の整備など、気象観測事業の基礎を築いた。著「日本気候論」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡田武松
おかだたけまつ
(1874―1956)
気象学者。千葉県布佐(ふさ)(我孫子(あびこ)市)に生まれる。1899年(明治32)東京帝国大学物理学科卒業後、中央気象台に入り、1904年(明治37)予報課長となり、翌年の日本海海戦時の予報を担当した。1920年(大正9)海洋気象台台長(神戸)、1923年から第4代中央気象台台長と海洋気象台台長を兼任した。日本の気象学、気象事業の育ての親で、学位論文となった『梅雨(ばいう)論』のほか、日本の気候、東北凶冷の研究などが有名。全国の気象官署の国営化、暴風警報と海洋観測法の確立などの事業を成し遂げ、また中央気象台附属測候技術官養成所(気象大学校の前身)を設立した。著書の『気象学講話』(1908)、『雨』(1916)、『気象学』(1927)、『気象器械学』(1931)などは版を重ね、後進に多大な影響を与えた。1949年(昭和24)文化勲章受章。[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おかだ‐たけまつ【岡田武松】
気象学者。理学博士。千葉県生まれ。中央気象台長・海洋気象台長として、日本の気象事業の発展強化に尽くす。学士院会員。文化勲章受章。著に「気象学講話」「雨」など。明治七~昭和三一年(一八七四‐一九五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡田武松」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡田武松の関連情報

関連キーワード

ムソルグスキーおもなお雇い外国人自由民権運動島義勇小野梓サイゴン条約スイス台湾出兵ニーベルングの指環ハーディ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.