Rakuten infoseek

辞書

岡山【オカヤマ】

デジタル大辞泉

おかやま〔をかやま〕【岡山】
中国地方南東部の県。もとの備前備中美作(みまさか)3国にあたる。人口194.5万(2010)。
岡山県南部の市。県庁所在地。江戸時代は池田氏の城下町。山陽・山陰・四国を結ぶ交通の要地で、商業・工業が発達。岡山城後楽園などがある。平成19年(2007)1月、建部町・瀬戸町を編入。平成21年(2009)4月、全国で18番目の指定都市となった。人口71.0万(2010)。
[補説]岡山市の4区
北区中区東区南区

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

おかやま【岡山】
中国地方東部の県。かつての備前・備中・美作みまさか三国を占める。南は瀬戸内海で、岡山平野がある。中央部の吉備高原と北部の中国山地との間に津山盆地がある。県庁所在地、岡山市。
岡山県南部、岡山平野中部の市。県庁所在地。指定都市。近世、池田氏三二万石の城下町。山陽・山陰・四国を結ぶ交通上の要地で、商工業が発達。日本三名園の一つ後楽園がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

岡山
こうざん / カンシャン
台湾南西部の町。高雄(たかお/カオシュン)の北20キロメートル、台南との中間に位置する。南12キロメートルに重要な海・空軍基地(左営(さえい))があり、南北交通の要所である。付近の大岡山(343メートル)は南台湾の仏教の聖地で、山中に超峰(ちょうほう)寺を中心とする多数の寺院があり、山麓(さんろく)に温泉(冷泉)が湧出(ゆうしゅつ)し、保養地となっている。東5キロメートルに阿公店(あこうてん)ダムがある。周辺の農村ではサトウキビが栽培され、製糖工場もある。また近年、南部工業地帯の発展に伴い、セメントをはじめ大小の工場が林立する。[劉 進 慶]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おか‐やま をか‥【岡山】
[1] 〘名〙
と山。
今昔(1120頃か)二八「隣の国の百姓雲の如くに集り来て、岳山(をかやま)とも不云」
② 岡のような山。低い山。
太平記(14C後)三二「此の道辻、彼の岡(ヲカ)山に取り上げて鐘を鳴らし」
[2]
[一] 岡山南部の地名県庁所在地。平安初期、藤原氏の荘園が置かれる。戦国時代宇喜多氏が築城山陽道を貫通させ、町人を集めて城下町を完成。江戸時代は池田氏三一万五千石の城下町。後楽園、岡山城址がある。明治二二年(一八八九)市制。瀬戸大橋によって四国と結ばれている。
[三] 大阪府四条畷市北西部の地名。忍岡(しのびのおか)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

岡山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.