Rakuten infoseek

辞書

山麓【さんろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

山麓
さんろく
piedmont
山地と平地との境界部。山体の基部。傾斜の変換部にあたり地形学的に重要。山が明瞭な傾斜の変換部をなしている場合には,沖積扇状地が発達しやすい。これを山麓沖積面ということもある。山麓面,山麓階山麓氷河なども山麓に発達する地形。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さん‐ろく【山麓】
山のふもと。山すそ。「山麓の村」「浅間山麓

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんろく【山麓】
山のふもと。山のすそ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ろく【山麓】
〘名〙 山の下の方の部分。山のすそ。ふもと。山脚。山足。
※本朝続文粋(1142‐55頃)一・西府作〈大江匡房〉「山麓求康伯、湘潭愍
※授業編(1783)九「山麓(ロク)と海浜の間わづか百歩ばかり」 〔劉峻‐東陽金華山棲志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山麓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山麓の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.