Rakuten infoseek

辞書

山間【サンカン】

デジタル大辞泉

さん‐かん【山間】
山と山のあいだ。山の中。やまあい。「山間の小村」「山間部」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐あい〔‐あひ〕【山間】
山と山との間。山峡(やまかい)。さんかん。「山間の小さな村」
馬の頭で、両耳の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業関連用語

山間
山と山の間、山のなかの地域にある農業集落をいう。

出典:農林水産省
※本用語集は、農林水産省ホームページに掲載している農林水産業及び農林水産施策情報等の参考として作成したものです。このため、本用語集中の用語説明は一般的に使われている意味と異なる場合もあります。
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんかん【山間】
山の中。山あいの地域。 -の僻地へきち

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やまあい【山間】
山と山との間。山の中。 -の道

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐かん【山間】
〘名〙 山のなか。山と山とのあいだ。また、その土地。やまあい。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)四・壬子仲秋余与伴蒿蹊回郷里于江州作詩紀一時情景「江上清風山間月、俯仰古今感更含」 〔蘇軾‐前赤壁賦〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐あい ‥あひ【山間】
〘名〙
① 山と山との間。やまかい。さんかん。
※拾遺(1005‐07頃か)冬・二四五「山あゐに雪のふりかかりて侍りけるを 足引の山ゐに降れる白雪はすれる衣の心地こそすれ〈伊勢〉」
② 馬の、頭の上の両耳の間の部分の名。〔武用弁略(安政再板)(1856)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐ま【山間】
〘名〙 山と山との間。やまあい。さんかん。
※公任集(1044頃)「田上や山まの紅葉は数しあれば秋はおふ共のどけきを見よ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山間」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山間の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.