Rakuten infoseek

辞書

山野【サンヤ】

デジタル大辞泉

さん‐や【山野】
山や野原。のやま。また、田舎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんや【山野】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんや【山野】
山と野原。のやま。 -を駆け巡る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐や【山野】
[1] 〘名〙
① 山と野原。のやま。
※新撰万葉(893‐913)上「三秋欲暮趁看処、山野班々物色公」
※将門記(940頃か)「但し哀しくは亡父に空しく泉路の別れを告ぐ、存母は独り山野の迷ひを伝へり」 〔南史伝‐侯景〕
② いなか。田野。
※蔭凉軒日録‐文正元年(1466)閏二月一六日「無垢庵以山桜両三枝来之。雖山野僧、依志如此」 〔蜀志‐杜微伝〕
[2] 〘代名〙 自称。僧侶が謙遜して用いる語。野僧。
※丱余集(1409頃)中「特就当寺、大作逆修仏事、山野忝奉来命、不固辞、敢為下手

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やま‐の【山野】
〘名〙 山と野。山や野。さんや。
※万葉(8C後)二〇・四四一七「赤駒を夜麻努(ヤマノ)に放(はか)し取りかにて多摩の横山徒歩(かし)ゆか遣らむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山野」の用語解説はコトバンクが提供しています。

山野の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.